コロリーには遅刻したときのペナルティーってあるの?

コロリーで遅刻したらペナルティーはあるの?

「コロリー」とはフランス語で「coloree(カラフルな)」という意味があり、、「カラフルな日常が待っている」という明るいキャッチコピーの脱毛サロンです。
大手美容脱毛サロン、ミュゼプラチナムが運営しており、2017年4月15日より、全64店舗オープンする新しいブランドです。
大手サロンの経営という安心感と店舗数の多さとキャッチコピーにぴったりの若い女子達のニーズに答えた安い価格設定など、これらも目が離せないサロンです。
今回は、このように人気のコロニーについて、遅刻してしまったときのペナルティーや対処法など詳しくまとめていきます。
予定を立てていても急なキャンセル、遅刻は誰しもが遭遇する出来事ですよね。
そんなときのためにぜひお役立てください。

 

 

 

コロリーの遅刻のペナルティーは何分から?

10分以上遅れそうな日はせっかく到着しても施術を受けられない可能性が高いので、必ずキャンセルの手続きをおこないましょう。
コロリーのキャンセルでは当日でも料金はかかりませんのでその方がお得になるかもしれません。
これは、脱毛し放題コースや全身脱毛コースなどいずれのコースでも同じルールのようです。

 

 

遅刻で施術が受けられなくなる?

10分以上遅刻すると施術を断られる可能があります。
予約をして施術をおこなっているサロンだからこそ、他のお客様に迷惑をかけられないという理由があるようです。

 

 

施術は受けられても、施術箇所がカットされる?

コロリーでは5分までの遅刻なら、当日の脱毛をできる限り施術してくれます。
ですが、中途で施術が切り上げられたり、施術箇所がカットされてしまったりすることがあります。

 

 

遅刻のペナルティーでコース1回分消化される?

遅刻で施術箇所がカットされてしまうことがありますが、それでも1回分の消化となります。
また、無断でキャンセルした場合も消化の対象となりますので注意が必要です。

 

 

コロリーは電車遅延での遅刻なら消化されない?

悪天候や電車の事故などでどうしても遅刻してしまうときには、駅で遅延証明などをもらい、サロンに提出することをオススメします。
ほとんどのサロンで対応してもらうことができます。
駅の窓口やバスの運転手さんから直接受け取ることができます。
鉄道会社やバス会社によってはルールが違い、日にちをさかのぼって遅延証明書をもらえたりすることもあるので、その日にもらえなくても問い合わせをして必ずもらっておく方が良いでしょう。
さまざまなトラブル予防する手段にもなりますね。

 

 

 

コロリーに遅刻!そんなとき、当日の時間変更はできるの?

前にも述べたように、コロリーでは5分までの遅刻で施術部位カット、10分以上の遅刻になると施術できくなる可能性があります。
当日の時間変更に対する記述はありませんが、難しそうですね。
しかし、遅刻しそうなときは、まず電話連絡を入れ、ダメもとで時間変更の交渉をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

急用ができた!キャンセルや日にち変更の方法は?

コロリーでは当日までキャンセル可能、キャンセル料金もかかりません。
直前でもペナルティーなくキャンセルを受け付けてくれますので大丈夫。
急用ができたら、すぐにサロンへ電話をしましょう。

 

 

コロリーの初回カウンセリングに遅れそう!こんなときどうする?

初めてのカウンセリング。
そんな大切なときに遅刻しそうな場合は、まず直接サロンのスタッフさんまで電話連絡しましょう。
遅刻予想時間、状況など詳しい方がいいでしょう。
コロリーのカウンセリング時間は6、約1時間。
アンケートの記入や説明を聞くなど大切な時間です。
あらかじめ予約してあるので、時間は確保されていますが、その大切な時間が短くなるので、要注意です。
遅刻の内容によっては、時間を延ばしてもらうことの交渉に応じてくれるかもしれません。
また、別の日に改めて予約を取り直すのも良いかもしれません。

 

 

 

コロリーの遅刻体験、口コミのまとめ!

コロリーでは遅刻に対しては施術カットや施術中止になってしまうことがあるので、キャンセルをする方が良いという口コミが多くありました。
急用でもキャンセル料金なしで変更できるサービスがあるのでコロリーを選んで良かったという投稿コメントもありました。

 

 

 

脱毛サロンの遅刻、キャンセル事情について

他の大手脱毛サロンの遅刻、キャンセルではペナルティーはあるのでしょうか。
ここでは、4つのサロンについてまとめてみました。
まず、キレイモでは遅刻してもできる限り脱毛してくれます。
パックのキャンセル、予定変更なら前日まで可能です。
生理のときでもデリケートゾーン以外なら脱毛してもらえます。
当日のキャンセルになると、1回消化されます。
銀座カラーでは、キャンセルは前日19時まで、30分以上の遅刻でキャンセル、脱毛し放題コースはキャンセル料2000円が発生します。
生理中は、デリケートゾーン以外は可能です。
シースリーでは、遅刻するとキャンセル扱いとなります。
また、キャンセルの連絡は、前日までで大丈夫です。
ただし、当日の場合は、3,000円のペナルティーが付きます。
生理中の脱毛はしてもらえません。
脱毛ラボは、前日、当日キャンセルは1,000円の違約金が、2日前までなら予約キャンセルは可能です。
10~15分遅刻すると施術してもらえないこともあります。
脱毛ラボも生理のときの脱毛はしてもらえません。
ミュゼでは、10分以上の遅刻で施術できない可能性があります。
キャンセルは前日までに、当日は1回分を消化となってしまいます。
生理のときはデリケートゾーン以外なら脱毛可能です。

 

 

 

コロリーの遅刻についての検証結果!

コロリーの遅刻について分かったことをまとめていきます。
5分までの遅刻で施術部位カット、10分以上の遅刻になると施術できくなる可能性があります。
キャンセルをは当日までペナルティーなしで可能なので、遅刻が確実なときはキャンセルすることがポイントですね。
また、マナーとして極力遅刻しないような配慮と、不測の事態のときには、すぐに電話連絡を入れることがなりより大切ですね。

 

 

 

他の脱毛サロンとコロリーの料金比較!

皆さんが一番気になる、料金の面もまとめてみました。
コロリーでは、全身脱毛のみの施術になります。
月額は9,500円で、総額は342,000円(12回コースを36分割で支払った場合)となっています。
1回の施術で46か所を丸ごと脱毛できます。
3ヶ月無料というお得なキャンペーンも実施されています。
これをキレイモの同じ12回パックと比較してみると、総額が246,240円とこちらの方が安めです。
しかし、1回で半身の脱毛施術となっています。
次に、コロリーと同じ系列店のミュゼの12回全身脱毛コースの料金はどうでしょうか。
総額816,480円と、だいぶ値上がりしてしまいます。
しかし、50%OFFキャンペーン408,240円、さらに割キャンペーンで375,580円までお安くなる時期もあるようですので要チェックです。
希望する回数や効果の口コミによって自分に合った、ストレスなく施術ができるサロンを検討することが大切です。

 

 

 

美容室に遅刻しそう!どうなる?

ここでは、美容室への遅刻について簡単に説明していきます。
美容室へ行く際は、担当の美容師さんを指名して予約することが多いかと思います。
そして、遅刻してしまったとき、美容室側が困ることはもちろん、自分自身にもデメリットが起こってきます。
予約が詰まっている場合は断られたり、他の担当のお客様の対応と重なってしまいとても時間がかかってしまったり、また単純に自分にかけられる時間が短くなったりすることがあります。
10分や15分でも美容師さんの作業がずれ込んでくるので、遅刻した自分自身にもデメリットなことが降りかかってきます。
予約の10分前には美容室に着いていることが理想的ですね。