永久脱毛とは?仕組み|どういうものなの?

永久脱毛の仕組みについて

永久脱毛とは永久に毛が生えてこないと思っている人は多いといえますが、実は永久脱毛にはちゃんとした定義があります。
永久脱毛には種類があり、メリットとデメリットというのがあります。
永久脱毛は本当に永久なのかどうかと考える人もいます。
ここでは、永久脱毛の仕組みについて、詳しく解説しています。

 

 

 

永久脱毛にたくさんの種類があるの?

現在の永久脱毛の種類を挙げてみると…。

 

・レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・ニードル脱毛

 

レーザー脱毛はマリアクリニックなど美容医療機関が扱っている脱毛法です。
特徴は短期間で脱毛できて永久脱毛に期待ができるということにあるので、短期間で綺麗にしたいという人はおすすめです。
一方、フラッシュ脱毛は光脱毛と呼ばれており、主にエステサロンで行われている脱毛法です。
しかし、レーザーより出力が低く効果も薄いのがデメリットです。
ニードル脱毛とは、わかりやすくいえば、針で毛穴の奥にまで通し、電流を流すというものです。
エステサロンでもやっているところはあるようですが、針を使っている時点で安全性に保証は見込めません。
クリニックでもニードル脱毛を行っているので、クリニックに受診してニードル脱毛を受けることをおすすめします。
ニードル脱毛には電気分解法と高周波法という二種類があるのですが、その二つを組み合わせたブレンド法というのがあり、ブレンド法のほうが主流になっています。
効果については、たしかにレーザーより高いのは実感できて、高い永久脱毛効果に期待は見込めるだけでなく、日焼けしていてもニードル脱毛を受けられるのがメリットです。
しかし、デメリットのほうが多いです。
デメリットのひとつである痛みについてですが、かなりの痛みをともなうので、麻酔クリームではなく局所麻酔を行う場合があります。
もうひとつのデメリットは料金がレーザーより高い傾向にあるということです。
横浜ベイクリニックの料金案内表をみても、ワキの場合は総額で10万円(税抜)となっています。
時間も長くかかるので、余裕がある人はおすすめといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

永久脱毛にメリットはあるの?

クリニックで永久脱毛を受けてムダ毛がキレイになるのはメリットのひとつですが、それ以外のメリットを挙げると…。

 

・エステサロンの光脱毛より出力が高いので高い脱毛効果が期待できる
・永久脱毛は医療機関でしか行えない
・医療的なサポートやケアなどを受けられる
・施術担当者が医師もしくは看護師
・広範囲に施術ができる
・黒ずみ解消も含めて美肌効果にも期待が見込める
・脱毛完了までの回数がエステサロンより少ない
・痛みに我慢できなかったら麻酔を希望することができる
・病院でもあるので衛生管理が徹底している
このようになります。
注目すべきは施術担当者についてです。
エステサロンでは施術担当者がエステティシャンになりますが、クリニックでは施術担当者が医師と看護師になります。
理由は医療レーザー脱毛機を扱えるのは、医師と看護師であると法律的(医師法第17条)に決まっており、そうではない人が扱うと医師法違反になります。
なお、看護師が施術を行う場合は医師の管理下でなければなりません。
ちなみにデメリットを挙げると…。

 

・保険適用外なのでエステサロンより費用が高い
・光脱毛より出力が高い分肌に負担がかかって痛みが強くなる
・白髪には効果が薄い
このようになります。
注目すべきは保険適用外であることです。
脱毛に問わず美容皮膚科や美容整形外科など美容関連の医療は保険適用外で自由診療となるため、費用が高くなります。
しかし、自由診療であるため、保険診療という限定的な診療に縛られず、クリニック独自のさまざまなサービスを提供することができるというわけです。
白髪についてですが、レーザー脱毛よりニードル脱毛のほうが発揮します。

 

 

 

 

レーザーで髭の永久脱毛は可能?

髭は男性向けのメンズ脱毛となりますが、実は女性でも髭を生えている人は何人かいます。
通常は産毛として目に見えないのがほとんどなので、女性に髭があっても珍しいことでもなんでもありません。
具体的かつ単純に述べれば、生まれつき「毛が薄い」と「毛が濃い」があるからです。
毛が濃くなって髭が見えるようになる原因は、ストレス、睡眠不足、偏った食事、そして喫煙などがあげられます。
これらの説明は省略しますが、生活習慣の見直しと改善からスタートします。
本題に入りますが、髭のレーザー脱毛を行っているクリニックは、顔脱毛を扱っているクリニックであればどこでもいいです。
おすすめのクリニックは、全国展開しているクリニックであれば湘南美容外科クリニックなどがおすすめで、女性限定であればクレアクリニックとかマリアクリニックなどがおすすめです。
ちなみに、髭の永久脱毛は1回で終わらず、レビューなどをまとめてみると、平均的に5~6回で1年弱の期間とされています。
とはいえ、個人差はあるので、5~6回というのはあくまで目安となります。
ちなみに、エステサロンだと10~20回で期間は1~2年とされています。
話を戻しますが、クリニックの医療レーザー脱毛であれば永久脱毛は可能です。

 

 

髭が生える仕組みとはなにか?

髭が生えてくるメカニズムについてですが、男性であればほとんど髭が生えます。
女性はというと、上に説明しましたが、髭は生えてきません。
正しくいえば、産毛が薄いか濃いかに分けられ、原因については上に触れたとおりです。
髭と他の毛が生える仕組みについてですが、理論的にいえば体毛と変わりありません。
理由は毛周期と毛の構造にあります。
毛周期とは毛が生え変わるヘアサイクルです。
成長期から退行期、退行期から休止期、休止期から成長期と、円をグルグル回るような感じに働いています。
成長期とは毛が成長する期間で、退行期は毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間となり、休止期は毛が抜け落ちる期間で、わかりやすくいえば毛の寿命です。
また、部位によって毛周期が異なり、髭の場合の期間は2ヶ月前後となります。

 

・頭髪の毛周期について
毛周期は頭髪も含まれます。
ムダ毛を処理してキレイになりたいというのは女性誰しも同じと考えられますが、頭髪の毛周期が狂うと、AGA(男性型脱毛症)となります。
男性型と記載していますが、女性も対象になります。
AGAについては、湘南美容外科など脱毛とAGA治療を扱っている一部のクリニックに相談してもいいでしょう。
ただし、保険適用外となりますので注意してください。

 

 

 

髭のレーザー脱毛を受けるときに注意しておきたいこと

男性のメンズ脱毛であると仮定して説明すると、注意すべき点は…。

 

・痛みが強い
・髭が濃いほど効果は得やすくなるがその分の痛みが増していく
・髭の濃さによって効果が変わってくる
・痛みに不安がある場合は麻酔を希望する
となります。
なぜ痛みを強く協調するのかというと、顔が一番敏感だと言われている部位だからです。
VIO脱毛でも痛いというのはほとんどですが、それより痛いのが顔脱毛といわれています。
とはいえ、痛みの強弱は個人差というのはありますが、口コミによれば、ほとんどの場合がゴムを弾くような痛さと述べられています。
また、VIOのほうが痛かったという人もいれば、ひざ下のほうが痛かったという人もいます。
エステサロンでも顔脱毛はやっていますが、麻酔なしというデメリットがあるので、顔脱毛するなら麻酔があるクリニックがおすすめです。

 

 

 

レーザー脱毛は永久脱毛が可能!その仕組みとは?

レーザー脱毛の仕組みから説明していきます。
体毛を脱毛するには、対象となる部位にレーザーを照射することから始めます。
照射したレーザーが毛根のメラニン色素(黒色)に反応して、毛根に熱ダメージを加え、毛根の下の毛球部にある毛乳頭と毛母細胞を破壊します。
毛乳頭と毛母細胞を破壊すると毛の成長機能を失い、その結果、永久脱毛を行うことができるというわけです。
毛が太く濃いほど脱毛効果は得やすいのですが、逆に毛が細く薄いほど脱毛効果は薄いといわれています。
これはメラニン色素の大きさに関係しており、メラニン色素が大きければ大きいほど効果が得やすいということです。
永久脱毛は医療脱毛のひとつでもあるので、エステサロンで行うことはできないと、上に触れています。
エステサロンの光脱毛の理屈はレーザー脱毛と同じですが、出力がレーザーより低いです。
実はレーザー脱毛には毛周期と深い関係があります。
毛周期についてはすでに上で説明したので省略しますが、効果があるのは成長期のみに限定されます。
退行期と休止期には脱毛効果がありません。
そのために毛周期と合わせて何回も通うことが求められるということです。

 

・毛乳頭と毛母細胞の役割とは?
毛乳頭はその下にある毛細血管から送られる栄養と酸素を受け取り、ため込む役割を持っています。
毛母細胞は毛乳頭がため込んだ栄養と酸素を受け取って、細胞分裂することに家を成長させます。
しかし、毛乳頭がなくなっても、毛母細胞があるかぎり、毛は成長します。
永久脱毛の目的とは、毛乳頭と毛母細胞を破壊して、毛の成長を奪うことにあるということです。

 

 

レーザー脱毛の痛みは怖い?その真相とは?

最近の脱毛機は、肌への負担が少なく痛みも感じにくくなっているので、部位にもよりますが、ほとんどが麻酔を必要としないほどですが、VIOと顔の痛みなどの痛みは上に説明したとおりです。
注目すべき点は、痛み以外の副作用のデメリットです。
そのデメリットを次に挙げると…。

 

・本当の意味で生えてこなくなる
・脱毛期間中は日焼けできない
・やけどのリスクとその他の肌トラブル
・跡が残る可能性がある
・乾燥肌
・毛嚢炎(もうのうえん)
・多毛化と硬毛化のリスク
・色素沈着のリスク
・白斑やケロイドなどの可能性
こんな感じになります。
デリケートゾーンを脱毛するとき、アンダーヘアのデザインにこだわる女性はいますが、パイパンというアンダーヘアを永久脱毛してしまうと生えなくなり、その状態で過ごさなければなりません。
日焼けについては、どのクリニックやエステサロンでもNGとしています。
脱毛機から照射されるレーザー、もしくは光はメラニンという黒い色素に反応しますが、黒い肌にも反応し、やけどを含むその他の肌トラブルなどを招くリスクもあります。
場合によっては跡が残るかもしれません。
多毛化とは毛が多くなることを意味し、硬毛化とは産毛が丈夫な毛に変わることを意味します。
毛嚢炎とは、毛穴に炎症が起きてニキビのような状態になることを意味し、とくに顔にできやすいのが特徴です。

白斑とは肌のメラニン色素がなくなって、その部分が文字通り白くなる現象で、ケロイドは傷を負った箇所がさらに盛り上がる現象でもあります。
医師が肌の状態を確認して、問題がなければ施術を行います。

 

 

レーザー脱毛にメリットはあるの?

レーザー脱毛のメリットをいくつか挙げると…。

 

・レーザー脱毛は美容医療機関が行っている
・クリニックなので安全性は高い
・1度の施術時間が短い
・脱毛回数がエステサロンより短い
・永久脱毛ができるので自己処理することがなくなる
・施術担当者が医師もしくは看護師
・黒ずみ解消など二次的な効果に期待が見込める
・肌トラブルなどに対応できる
などがあげられます。
医療機関での脱毛なので、高い安全性は確保可能です。
エステサロンより少ない回数で脱毛を行うことが可能です。
施術中に肌トラブルが生じた場合は、クリニックなので対応が可能となっています。
エステサロンではできません。
医療行為になるので、その医療行為ができるのは医師と看護師に限定されます。
料金は高くなりますが、後先のことを考えると、ある意味クリニックのほうがお得感があるといえるでしょう。

 

 

永久脱毛は本当に生えないの?

まずは永久脱毛とはどういうものなのかについて説明します。
永久脱毛とは、AEA(米国電気脱毛協会)の定義によれば、脱毛してから1ヶ月後、毛の再生率が20%以下である状態を「永久脱毛」と呼んでいるそうです。
ほとんどの人達は脱毛を受ければ永久的に毛が生えてこないと思っているかもしれませんが、その答えはNOです。
理由は先ほど説明したとおり、毛の再生率が20%以下と定義付けられているので、決して毛が生えてこないとはかぎらないということです。

 

 

レーザー脱毛と光脱毛に違いはあるの?

すでに上に説明してあるので、簡潔的に説明いたします。
クリニックのレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛を比較しても、レーザー脱毛のほうだと出力が高いので、光脱毛より大きな効果が得られます。
医療機関は毛乳頭と毛母細胞を破壊することができるのに対して、エステサロンの光脱毛ではそれができません。
医師法第17条に抵触するからです。
痛みに関しては出力の低い光脱毛のほうが軽いです。
光脱毛ができるのは、毛乳頭と毛母細胞にダメージを与えて毛の成長を抑える、簡単にいえば減毛と除毛に限定します。

 

 

レーザー脱毛だと永久脱毛はどれくらいの期間が必要なの?

脱毛時間について説明します。
脱毛時間は部位によって異なりますが、全身脱毛となるとかなりの時間を要します。
脱毛機はライトシェアデュエットを仮定して、完了時間を平均的に表すと…。

 

・両ワキ5~10分
・背中15~20分
・胸5~10分
・乳輪周り5分
・腕全体40~50分
・二の腕15~20分
・ヒジから手首15~20分
・手の甲と指10分
・指5分
・VIOライン30分(合わせて)
・全身脱毛3~5時間
だいたいこんな感じになります。
あくまでも目安で、それ以上の施術時間を要するクリニックがあれば、それ以下の施術時間で済むクリニックもあります。
同じレーザー脱毛期であるジェントルレーズで行った場合でも、部位によってほとんど変わらないところがあれば、少し時間がかかるところがあるという程度になります。
上にも説明しましたが、回数は平均的に5~6回でほとんど十分とされています。
しかし、全身脱毛となると、ほとんどのクリニック時間はかかります。

ある口コミによれば、長くて5時間、短くて3時間とされています。
これだけ長いのは、一度の来店で全身のパーツすべてに施術を行っているからです。
全身脱毛と仮定して顔脱毛を含めると、8~10回通う必要があるという計算となります。

 

 

 

 

永久脱毛の仕組みはこうなっている

永久脱毛のメカニズムは、医療レーザー脱毛機によって毛乳頭と毛母細胞を破壊することで可能となりますが、ニードル脱毛でも可能です。
もちろん、レーザー脱毛をするうえでメリットとデメリットがそれぞれ発生します。
永久脱毛に関して、先ほど申したようにレーザー脱毛がそれを可能としていますが、エステサロンの光脱毛はそれができません。
永久的な脱毛を希望するなら、エステサロンよりクリニックがおすすめです。

 

 

 

ミュゼの脱毛の仕組みはどのようなもの?

ミュゼプラチナムは脱毛エステサロンのひとつで、美容脱毛を行っています。
ミュゼが採用している美容脱毛はSSC(スムーススキンコントロールメソッド)方式という光脱毛のひとつです。
SSCの特徴はクリプトンライトと呼ばれる光と、肌を保護するビーンズジェルを同時に使うことができるということにあります。
同時に使うので、肌を傷めずスピーディーに脱毛を行うのが、SSC方式の強みといっても過言ではないでしょう。

 

 

永久脱毛はどの病院がおすすめ?

上にも触れましたが、おすすめのクリニックといっても、住んでいる地域などによって異なります。
全国展開している湘南美容外科や聖心美容クリニックなどがおすすめですが、多少料金が高くなってもいいのでプライバシーに配慮して女性限定がいいという方は、クレアクリニックやマリアクリニックやフェミークリニックなどがおすすめです。