光脱毛の副作用について|正しく知って安全で効果の高い脱毛を!

光脱毛には副作用がある!どんな副作用?

痛みが少なくリーズナブルな光脱毛。
ミュゼやキレイモなど多くの人気脱毛サロンで採用され、主流な脱毛方法になっています。
しかし、光脱毛には副作用が出る場合があります。
どのような副作用が起こりうるのでしょうか?この記事で解説していきます。
光脱毛を受けようとしている方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

光脱毛で起こりうる副作用の種類!

光脱毛をすると、次のような副作用が起こることがあります。

 

・皮膚の赤み
・やけど
・硬毛化(太い毛が生えてしまう)
・汗がよく出る

 

火傷や皮膚の赤みが起こる原因は?出力が強すぎかも

光脱毛の施術後に起こる肌の赤みは、軽いやけどであることが多いです。
光脱毛は、光の熱で毛根を弱らせる施術のため、熱さが伴います。
毛根だけでなく皮膚までその熱に負けてしまうと、やけどが起こります。
やけどが起こってしまうようであれば、もっと光の出力を弱める必要があるでしょう。
気がつかないほど軽傷のやけどでも、繰り返すことで色素沈着やシミの原因になりかねません。

 

 

太い毛が生える理由は?汗が出やすくなる理由は?

太い毛が生えてしまう副作用はありえます。
光の熱がうまく伝わらなかった結果、逆に毛根が活性化してしまうためと考えられています。
しかし、厳密には解明されていないそうです。
汗が出やすくなるという副作用は、実際にはありません。
しかし、それまで汗を受け止めていた毛がなくなることで「汗を感じやすくなる」ため、汗が出やすくなったと勘違いする人が多いようです。
健康上問題ではなく、次第に慣れていくので大丈夫でしょう。

 

 

副作用を防ぐにはどうしたらいい?予防策を紹介!

副作用は予防することができます。
まず、「肌を普段から保湿しておくこと」です。
肌が乾燥していると、やけどが起こりやすくなります。
「日常生活で紫外線を避けること」も効果があります。
紫外線を浴びすぎると肌が荒れてしまい、光脱毛に耐えられなくなってしまうことがあります。
また、「自分に合った出力で施術をしてもらうこと」も大切です。
効果を焦って、無理に強い出力を用いてはいけません。
実力の確かなエステティシャンに施術してもらえるよう、サロンを選ぶのも有効です。
最後に、当たり前のことですが「体調不良の時に施術を受けないこと」です。
体調が悪い時には、身体は体内の病原菌と戦うのに一生懸命です。
普段よりも肌の健康にまわすエネルギーが少なくなり、肌が弱まってしまいます。
薬を服用することも多いので、この後説明する<薬によって起こる副作用>も起こりがちです。

 

 

 

光脱毛の副作用は、薬を飲むと出ることも!相談が大事!

何かしらの常用薬がある人は多いと思いますが、使用している薬によっては副作用を誘発します。
そのため、ほとんどのサロンでは当日に薬を服用した人の施術を断っています。
抗生物質、抗がん剤、抗真菌薬、解熱鎮痛剤などは、光脱毛の紫外線に反応して良くない症状を起こすものが多いです。
ステロイドは免疫抑制作用があるため、使用中に光脱毛で刺激を与えてしまうと、ニキビなどの炎症を起こしやすいです。
ピルは、ホルモンバランスが崩して肌を敏感にするため、光脱毛での肌トラブルを起こしがちです。
紹介した薬以外にも、副作用を引き起こす薬はたくさんあります。
何の薬を飲んでいたとしても勝手に判断せず、カウンセリング時にしっかりと相談することが大切です。

 

 

薬で起こる副作用の1つ「光線過敏症」!どんな病気?

薬を飲んで光脱毛をすることで起こる副作用の1つに、「薬剤性光線過敏症」があります。
薬剤性光線過敏症では、光を当てた部分に「発赤・浮腫・水ぶくれ・湿疹」といった症状が出ます。
いったん光線過敏症になってしまうと、その後は少量の紫外線で症状が現れるようになります。
治療のためには、原因となっている薬の使用を中止し、紫外線(日光など)を避けるようにします。

 

 

病院で処方された薬でもダメ!証明書が必要なことも

病院で処方された薬であっても、副作用が起こることはありえます。
そのため、処方薬を使用している場合、脱毛サロンへ行く前に、薬を貰った病院で医師に相談するべきです。
サロンによっては、医師の証明書がないと施術をしてもらえない場合もあります。

 

 

脱毛後なら、薬を飲んでもいい?油断はNG!

脱毛前だけでなく、脱毛後も許可なく薬を飲んではいけません。
例えば、解熱作用のある薬は発汗を促しますが、脱毛後は毛穴が開いた状態になっています。
そのため、汗が毛穴に入って細菌が発生し、肌のトラブルが起こるという事が考えられます。
どうしても薬を飲みたい場合、やはり知識のある人への相談から行うようにしましょう。
大体施術から3日経てば、薬を飲んでも大丈夫です。

 

 

脱毛前に飲んでいい薬もある?どんな薬?

全ての薬が光脱毛NGなわけではありません。
調べたところ、高確率で服用可能な薬は「低容量ピル、便秘薬、美容系サプリ」です。
しかし、絶対に安全というわけではないので、サロンや医師への相談は必ずしてください。

 

 

 

光脱毛の副作用が顔に出たらショック!顔でも出るの?

光脱毛の副作用が出て、一番困るのは顔部分。
服で隠せないので、やけどの赤みが丸出しになってしまいます。
産毛が多いので、太い毛が生えてしまうことも多いです。
顔脱毛前後は顔の保湿にいつもより気を遣って、副作用を避けましょう。
また、表皮は大丈夫でも肌の奥が炎症を起こしている可能性はあります。
シミの原因になるので、脱毛後にはなるべく体温を上昇させないようにしましょう。
激しい運動や熱いお風呂に浸かるのはNGです。

 

 

光脱毛の副作用を薬で緩和できる?使える薬はどこにある?

光脱毛の副作用を治すためになら、薬を使用しても良いのでしょうか?この場合も、市販の薬を買うのではなく、皮膚科の病院へ行く方が良いでしょう。
薬が欲しくなるほどの副作用が出ているのなら軽く見ずに医師に診てもらったほうが良いというのもありますし、薬の知識がない人が市販の薬から選んで使用するのはやっぱり危険なためです。
必ずしも薬で副作用が緩和されるわけではありませんが、医師の診断のもと確実に使用できる薬を処方して貰いましょう。

 

 

 

家庭用光脱毛機器でも、副作用が出る!体験談も!

家庭用光脱毛器を使えば、エステサロンに通うよりも安く脱毛できます。
人気の商品は、パナソニックの光美容器「光エステ」。
光美容器ですが、脱毛効果もあります。
コードレスで簡単に使え、痛みも気にならないと高い評価を得ています。
しかし、副作用が出てしまった体験談もあります。
ある人は、初回使用時の一番弱い出力でのテストをせずに、中くらいの出力で広範囲に光を当ててしまいました。
結果、翌日には光を当てた範囲に赤みとかゆみがが広がってしまったそうです。

 

 

自宅での光脱毛、下手だとトラブルが起こりがち!

家庭用光脱毛機を使って自分で施術すると、トラブルは増えがちです。
理由は、技術が未熟なこと。
自分の体なのでつい出力を強くしすぎてやけどをしたり、光の当て方にムラがあって太い毛が生えてきてしまったりします。
アフターケアも雑になり、肌の潤いが奪われたまま肌トラブルの原因になることもあります。
自宅で光脱毛するなら、事前に十分な知識を頭に入れてからにしましょう。

 

 

 

光脱毛の副作用について、大事な部分のまとめ!

光脱毛の副作用について紹介してきました。
大事な部分をおさらいしてみましょう。

 

・光脱毛の副作用として、赤み、やけど、硬毛化、汗の増加感がよく起こる。

 

・施術前後に薬を飲んでいると、炎症や光線過敏症が起こってしまうことがある。

 

・薬を使っている場合、医師やエステティシャンへの相談は必須。

 

・副作用は、薬で緩和することもできる。
しかし、医師の許可のもと薬を使わないと危ない。

 

光脱毛は、少なからず皮膚に負担をかける行為。
万全の状態で施術を受けなければ、思わぬトラブルを引き起こしかねません。
エステティシャンの腕前も重要なファクターなので、口コミなどを参考に安全面も考慮したサロン選びをしましょう。

 

 

 

 

 

【おまけ】レーザー脱毛の副作用について!

レーザー脱毛では「赤み、やけど、硬毛化、汗を感じやすくなる」といった光脱毛と同じような副作用がでます。
その他に、「毛嚢炎」という毛穴の炎症が起こり、ニキビのような状態になってしまうこともあります。
レーザー脱毛は、光脱毛よりも肌への負担が大きいため、副作用が起こりやすいと言えます。
しかし、施術者自体が医師なので、安心のケアが受けられます。

 

 

 

【おまけ】光脱毛の相場について!光脱毛は安い!

光脱毛の魅力の1つは、料金のリーズナブルさです。
サロンによってばらつきがありますが、全身脱毛6回分の平均価格は12万円くらいと言われています。
激安のキャンペーンやプランもあり、例えばエピレの初回限定プランは「両脇+Vラインサイド6回分」で700円です。
医療レーザー脱毛だと、光脱毛の相場の3倍以上の値段がかかることも珍しくありませんから、お得さが良く分かりますね。