光脱毛が効かない時の理由って?脱毛効果を得たい人必見です!

「光脱毛は効かない」ってよく聞くけど、本当なの?

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、特殊な光で毛根を弱らせる脱毛方法です。
ミュゼやキレイモなど、多くの脱毛エステサロンが採用しており、最も主流な脱毛方法と言えます。
しかし、光脱毛が「効果なかった」という体験談は後をたちません。
効果がない影には、はっきりした理由が潜んでいます。
しっかりと効果を得たい方、この記事でじっくりと学んでいきましょう。

 

 

 

光脱毛はすぐには効かない!焦らないで!

「光脱毛が効かない」という場合、よくあるのが効果を焦りすぎているパターンです。
光脱毛は、施術後すぐに効果が出るわけではありません。
施術から2~3週間後に毛が抜けるのが一般的です。
光脱毛は、ムダ毛を引っこ抜いたりちぎったりする訳ではありません。
光で毛根にダメージを与えることで弱らせ、既存の毛を抜けやすく&新しい毛を生えにくくするものです。
弱った毛根が毛を落とさないよう粘っている期間があるので、施術と毛が抜けるのとでタイムラグが発生してしまうのです。

 

 

光脱毛は一回しただけじゃ効かない!長い目で見て!

光脱毛は、1回の施術だけでは毛が抜けないことも珍しくありません。
1回では毛根が弱りきらないためです。
特に、脱毛サロンでの施術が初めての人にはありがちです。
初めての人の場合、エステティシャンがその人の肌の強度や痛みの感じやすさを把握できていません。
そのため、弱めの出力から試していくことになり、毛根を弱らせにくいのです。
また、光脱毛で毛が抜けたとしても、その1回しか施術しないのであれば、また毛が生えてきてしまいます。
というのも、体毛1本1本には毛周期というものがあり、【成長初期→成長期→退行期→休止期→成長初期・・・】とループしながら抜けたり生えたりを繰り返します。
光脱毛で抜けるのは、成長期状態の毛だけです。
1回だけの施術では、施術時に退行期や休止期だった毛の毛根が元気なまま残るので、すぐに生えてきてしまいます。
時期をずらして何度も施術を行うことで、全ての毛の成長期に光を当てなければ、脱毛できたとは言えないのです。

 

 

光脱毛で効果が出るまでに、平均○○回かかる!

光脱毛の効果が「自己処理が不要な位」に至るまでには、平均で12回程度施術する必要があると言われています。
ワキやVIOなど抜けにくい部分はもっと必要で、18回くらい通う人もたくさんいます。
脱毛部位の毛周期や個人の体質によって差が出ますので、あくまで参考にしてみてください。

 

 

脇は効果がわかりづらい!かなりの剛毛部位です!

脇は、光脱毛の効果が実感しにくい部位です。
もともと毛が濃い部分でありながら、繰り返される自己処理によってより一層剛毛になっているためです。
効かないわけではないので、根気が大事になります。

 

 

 

光脱毛には抜けにくい毛や部位がある!その特徴とは?

光脱毛には、抜けにくい毛や抜けにくい部位があります。
次のような特徴のある部分です。

 

・太い毛
・毛の濃い部位
・うぶ毛が多い部位
身体の部位で言えば、「ワキ、VIOライン、腕、お腹、顔」などが当てはまります。

 

 

光脱毛は太い毛に効かない…わけではないけど効きにくい!く

太い毛は見た目通りたくましく、毛根も丈夫にできています。
光脱毛では歯が立たないとまではいいませんが、効きにくいのは確かです。
何回も施術して、ダメージを蓄積させるのが良いでしょう。

 

 

産毛(細い毛)にも効きにくいのはどうして?

太い毛が抜けにくいのはイメージ通りな感じがしますが、一見抜けやすそうな「産毛」も実は抜けにくいです。
光脱毛の光は、毛の黒色(メラニン色素)に反応して毛根にダメージを与えます。
しかし、産毛は色素が薄いため、光が反応しにくいのです。

 

 

 

光脱毛はvioラインに効かない?たしかに難しい部位です!

VIOラインは、効果が出にくい部位です。
理由の1つは、毛が太くて濃い部分だということ。
2つめは、全身の中でもデリケートな部分であり、エステティシャンが慎重に、弱めの出力で施術せざるをえないこと。
3つめは、ショーツとの擦れで皮膚が黒ずんでいて、光が反応しにくいこと。
脇脱毛と同様に、施術回数を多めに重ねる必要があるでしょう。

 

 

サロンによっては、vio脱毛ができないことも!

多くのサロンの中には、VIO脱毛ができないサロンもあります。
また、生理中はほとんどのサロンでVIOゾーンの施術を断られてしまいます。
デリケートで肌トラブルなどのリスクが高く、サロン側としても衛生管理的に難しい点が多いためです。

 

 

医療脱毛(レーザー脱毛)なら全部抜ける?メリット&デメリット

光脱毛は毛根を弱らせるものですが、医療レーザー脱毛は光脱毛よりも強い光を脱毛箇所にピンポイント照射し、毛根を破壊します。
そのため、光脱毛よりも脱毛効果が高く、効果が出るのも早いです。
しかし、一方で「料金が高い」「痛みが強い」「肌への負担が大きい」といったデメリットもあります。
毛が濃い体質の人やすぐに効果が欲しい人は、光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が適しているかもしれないので、メリットデメリット知った上で考えてみてください。

 

 

医療レーザー脱毛と比べて、光脱毛のメリットは?

医療レーザー脱毛よりも効果が弱く、時間もかかる光脱毛ですが、優れている点は多々あります。
まず、【料金が安い】です。
特に安いものだと、エピレの初回限定プランで「両脇+Vラインを6回施術で700円」なんて破格のものもあります。
医療レーザー脱毛の価格は、1部位で数万円かかることも多いです。
【痛みが少ない】のも光脱毛の大きなメリットです。
「痛みを全く感じなかった」という人は珍しくなく、痛みを感じた人でもVIOラインなど痛みを感じやすい部分でちょっとだけという人が多いです。
また、【肌にやさしい】というのも嬉しい点です。
医療レーザーよりも光が弱いため、肌への負担が少なくて済みます。
そればかりか、仕上げのトリートメントに潤い美肌成分を入れているミュゼなど、肌を綺麗にすることにこだわっているサロンも多いです。

 

 

 

光脱毛が効かない時の理由まとめ!対策して効果を出そう!

光脱毛が効かないと言われる原因について紹介してきました。
大事な部分をおさらいしてみましょう。

 

・光脱毛はすぐには効果が出ない。
何度も通う必要がある。

 

・ワキやVIOは剛毛なので効果が出にくい。
効かないわけではない。

 

・医療レーザー脱毛の方が効果が高く、脱毛が早い。

 

・光脱毛の方が料金が安く、痛みが少ない。

 

光脱毛で「効果がなかった」という口コミが投稿されていることもありますが、早とちりであることも多そうです。
光脱毛の特性をしっかりと理解して、効果を実感できるようになりましょう。
まずはお好きな脱毛サロンのカウンセリングから、初めてみてください。

 

 

 

 

 

【おまけ】光脱毛で永久脱毛はできるの?

永久脱毛とは「脱毛施術1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」であることを指します。
光脱毛は、永久脱毛とは言えません。
永久脱毛は、厚生労働省によって医療行為と定められているので、クリニックで医師の手で行われなければなりません。
もしもエステサロンの光脱毛が永久脱毛であれば、違法行為になってしまいます。
医療レーザー脱毛やニードル脱毛が、永久脱毛にあたります。

 

 

 

【おまけ】頭痛薬を飲むと効かないって本当?

光脱毛をする前後に薬を飲むのは避けましょう。
薬のせいでホルモンバランスが乱れると、脱毛の効果が薄れてしまうことがあります。
それだけでなく、痛みを感じやすくなったり、肌トラブルを引き起こしやすくなったりもします。
安全のため、当日薬を服用した人を施術拒否するサロンも多いです。
かといって薬を飲まずに体調不良のまま施術を受けるのもよくないので、体調不良の場合は大人しくキャンセルしましょう。
脱毛前は、より健康に気をつかって暮らしたいですね。