光脱毛の脱毛効果はどのくらい?

光脱毛をした後に効果はいつごろから現れる?かかる期間について

ワキやすね毛の処理はエステサロンや医療クリニックでしてもらえます。
エステサロンや医療クリニックでしてもらう脱毛方法にも色々なものがありますが、特に価格や安く気軽にできると人気なのが光脱毛です。
光脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれることもありますが、副作用も少ないということも特徴になっています。
しかし、「光脱毛は余り効果がない」「永久脱毛はできない」という声も。
一体、光脱毛はどのくらい効果があるものなのでしょうか。
また、脱毛後、どれくらいしたら効果が出るのでしょうか。
こうした光脱毛の気になる効果について徹底的に解説していきますから参考にしてみてください。

 

 

光脱毛は毛根に直接ダメージを与える~効果が出るまでに時間がかかることもある

まずは光脱毛の仕組みについて知っておきましょう。
光脱毛はキセノンライトなどを用いて施術部位に70度程度の光を当てて毛根を熱することで脱毛をしていくものです。
光脱毛はメラニン細胞のみに作用するということもポイントでしょう。
脱毛後、一定期間経つと毛が抜けていきますが、しっかり脱毛するためには何回も通って脱毛してもらう必要性があります。
脱毛を途中で辞めてしまうと元に戻ってしまうこともありますから気をつけましょう。
他に、脱毛方法員は脱毛テープを用いたりカミソリやシェーバーで剃る、毛抜きで抜く方法もありますが、こうした方法に比べるとやはり光脱毛はかなり脱毛が完了するまでに時間がかかります。
しかし、一度光脱毛を完了すれば効果は高いですから、気長に脱毛していく事が大事でしょう。

 

 

するっと抜けるまでにかかる期間とは?

脱毛をして毛が抜けてくるまでにはある程度時間がかかります。
これは個人差もありますが、通常は3週間程度かかりますから気を付けておきましょう。
また、数日程度で抜けてくることも。
毛が抜けるのを待てずに毛を剃ってしまう人もいますが、後述するように毛抜きで抜くのはおすすめできません。
また、光脱毛では完全に施術箇所の毛を一度に処理できず、施術後にもかなりの毛が残ってしまいますから気をつけましょう。

 

 

メンズのひげに対しても光脱毛は効果が十分にあるのか?

ヒゲは特に脱毛するのが難しいところです。
特に男性の場合には剛毛の人も多く、脱毛には時間もかかります。
光脱毛でヒゲ脱毛ができるのかと気になる人もいるかもしれませんが、光脱毛でも脱毛はもちろん可能です。
とはいえ、体験談などを見てもより医療レーザー脱毛など利用したり、他の箇所を脱毛してもらうよりも脱毛が終わるまでに時間がかかることには気を付けておきましょう。

 

 

 

光脱毛をして効果が得られるまでに何回通わないといけないのか?通院回数について

光脱毛をして効果がしっかり現れるまでには何回か脱毛サロンに通院して施術してもらう必要性があります。
通院回数は医療レーザー脱毛よりも多くなりがちですが、これは光脱毛の特性上仕方ないことでしょう。
また、適切な間隔を空けずにサロンに通っても脱毛効果が上がるというわけでもありません。
そのため、適切な間隔を開けてサロンに通うということが必要になります。

 

 

サロンに通うペースの目安とは?気になる通院回数

サロンに通う平均回数は12回程度です。
とはいえ、これは個人差も大きくなっており、コレ以上に通わないと脱毛効果がしっかりと期待できないこともあります。
マシンの出力、種類や施術内容によっても効果は変わってきますから、実際の通院回数は事前に正確に知ることは難しくなっています。
もしも通院しても余り効果が現れにくい場合には医療レーザー脱毛に切り替えるということも可能です。

 

 

医療脱毛をする場合の施術回数とは?

脱毛する際には医療レーザー脱毛という選択肢もあります。
医療レーザー脱毛はより光脱毛よりも効果が高くなっており、毛穴をツルツルにしたいという人におすすめです。
医療レーザー脱毛は効果が高いことから、光脱毛よりもより短期間に脱毛が完了するのもメリットになっています。
とはいえ、医療脱毛コースは副作用も出やすいものです。
例えば、肌が赤くなる、肌荒れするといった副作用が生じることがあります。
他にも、医療レーザー脱毛はかなり痛みが強いことも知っておきましょう。
これは医療レーザー脱毛の方が出力がより高いためです。
このため、医療レーザー脱毛を利用する際には初回脱毛コースを利用するなどして痛みについては事前に確かめておくと良いでしょう。
医療レーザー脱毛でだつもうが終わるまでの期間ですが、これは1年程度です。
通院回数も5回から7回程度で済みます。
このように光脱毛よりも半分の施術回数で済むことから、余り医療脱毛クリニックに通いたくない人にもおすすめです。

 

 

 

vioラインを光脱毛してもらう際のポイント~脱毛効果はいつごろから得られる?

VIOラインは脱毛がしにくいところですが、光脱毛をして脱毛効果が得られるのにも時間がかかります。
通常は数週間程度ですが、かなり個人差もありますから気をつけましょう。

 

 

vioラインを脱毛するのは回数がかかることに注意

VIOラインは全身脱毛をする際にも特に脱毛に時間がかかる部位です。
これは施術するのが難しいということもあります。
また、痛みも他の部位と比べても高くなっており、料金も高くなっています。
このようにVIOラインの脱毛は時間もかかりますから、脱毛してもらう際には根気よくやっていきましょう。
とはいえ、脱毛を早めたいからといって脱毛テープやケノンなどの家庭用脱毛器などの他の脱毛方法を併用するのは危険です。
こうしたことをすると副作用も出やすくなります。

 

 

医療脱毛はより通う回数が少ないのがメリットになっている

VIOラインを脱毛してもらう際にも医療脱毛の方がより施術回数が少なくなっています。
それだけ通院する回数も減らせます。
しかし、ただでさえ痛いVIOラインを医療レーザー脱毛してもらうのは余りおすすめできないことも。
確かに脱毛効果は高いですが、それだけ痛みもかなり激しいのです。
このため、まずは体験コースなどを利用してみて痛みについてチェックしておきたいところでしょう。
また、痛みを下げるためにも日焼けをしないようにする、健康な状態でサロンに行くというようにするのもおすすめです。
クリニックによっては麻酔が利用できるtこおもあります。
麻酔には笑気麻酔、テープ麻酔、クリーム麻酔がありますが、こうした麻酔を利用すれば痛みもより下がります。
しかし、追加料金がかかることには気を付けておきまソユ。
他にも、痛み止めを通院前に利用しておくのも良いでしょう。
痛み止めを実際に利用する際にはカウンセリング時にカウンセラーに相談しておくことも大事です。

 

 

 

光脱毛の効果の程は?永久脱毛との関係について紹介!

脱毛をする人のほとんどが永久脱毛を目標にしています。
永久脱毛は確かに魅力的なものですが、エステサロンや医療クリニックで紹介している永久脱毛は一般に考えられている永久脱毛とは異なることもありますから注意しておきたいところでしょう。
また、光脱毛をすれば毛が薄くなっていきますが、だからといって永久脱毛効果が得られるとは限りません。
こうした永久脱毛については良く誤解が起きやすいですから、まずはその基本的なことについて確認しておきましょう。

 

 

光脱毛は実は永久脱毛ではないことに注意しておこう!

光脱毛は医療レーザー脱毛などに比べて効果が少ないですが、光脱毛で永久脱毛は可能なのでしょうか。
これは良く聞かれることでもありますが、実際には光脱毛で永久脱毛をするのは難しいです。
光脱毛は飽くまで発毛を抑制する効果しかありませんから、後述するような永久脱毛の定義通りの脱毛効果を期待するのは難しいのです。
このため、永久脱毛をしたい場合には医療レーザー脱毛やニードル脱毛などを選択するということも大事でしょう。
この辺りの事情について更に詳しく見ていきましょう。

 

 

永久脱毛とはどういった状態?再生率などについて紹介!

そもそも永久脱毛とはどういった状態なのでしょうか。
永久脱毛についてはいろいろな見解がありますが、通常は「脱毛してから1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下である場合」と定義されることが多いようです。
簡単に言えば効果の高いニードル脱毛や医療レーザー脱毛でも完全に脱毛するということは難しいということです。
このため、よく誤解されるように「一生毛が生えてこない」という状態を永久脱毛と言うわけではありません。
こうしたことも理解しておくとカウンセリング時の説明もより理解できるようになるでしょう。
こうしたことを聞かされると「毛を一生生えないようにすることはできない?」と思ってしまうものですが、実際には医療レーザー脱毛などを繰り返していけば毛もより生えなくなってきます。
施術を重ねればそれだけ本当の意味での永久脱毛にも近くなりますから、根気よく施術をすることも大事です。
脱毛サロンの光脱毛でも施術を重ねれば効果が期待できますから、気長に脱毛をしていくことが大事でしょう。

 

 

エステサロンで光脱毛する場合には永久脱毛などについてもしっかり説明してくれる!

サロンでは永久脱毛についての説明もしっかりしてくれます。
光脱毛前のカウンセリング時に「永久脱毛ではない」ことを説明してもらえるでしょう。
他にも、光脱毛効果などについて色々と説明してもらえますから、しっかりとスタッフの説明は聞いておきたいところです。
例えば、副作用等についても説明もありますから、トラブルをなくすためにも質問があったらこの時点で聞いておくとようでしょう。
場合によっては説明がなかったり、永久脱毛の定義について誤解してしまうこともあるでしょう。
こうした際にはクーリングオフなども利用できますから知っておきましょう。

 

 

 

自宅用光脱毛機器はどのくらい効果があるのか?

自宅用脱毛器を検討している人もいるでしょう。
自宅用脱毛器は安価で利用できますが、気になるのがその効果についてでしょう。
最も人気な自宅用脱毛器がケノンですが、ケノンの製品は5万円程度するものが多くなっています。
方式はフラッシュ脱毛を利用しており、照射レベルも10段階設定できます。
とはいえ、出力が弱いこともあり、かなり脱毛が終わるまでに時間がかかることも。
照射レベルはサロンでしてもらうほどではないものの、一定の効果は期待できます。
このような自宅用脱毛器のメリットやデメリットなどについて更に解説していきましょう。

 

 

自宅用光脱毛機のメリットを押さえておこう!

メンズサロンなどで脱毛してもらうだけでなく、自宅用脱毛器を用いて脱毛することも可能です。
自宅用脱毛器を利用すればわざわざエステサロンに通う必要性がなくなり、手軽に脱毛をしていけます。
他にも、自宅用脱毛器ならばコストも安上がりです。
自宅用脱毛器自体は2~3万円しますが、コレ以外にかかるのは電気代くらいです。
店舗で施術すると全身脱毛時には光脱毛でも30万円程度かかりますから、かなり安上がりでしょう。
自宅用脱毛器であれば自分のペースで脱毛していけるという利点もあります。
自宅用脱毛器であれば誰にも知られずにデリケートゾーンなどを施術できるのも良いところでしょう。
実際、ムダ毛をコンプレックスだと感じている人もいますから、誰にも知られずに脱毛できる自宅用脱毛器は便利なものです。
最近の自宅用脱毛器はかなり種類も豊富なのも自宅用脱毛器をおすすめする理由です。
例えば、顔脱毛に特化した製品もありますし、ワキなどの手のど解きにくいところに特化した製品もあります。
外出先で利用できるものもありますし、美容効果も期待できるものも。
このように選びやすくなっていますから、自宅用脱毛器で脱毛してみるというのも良いでしょう。
実際、産毛程度を脱毛するのであれば自宅用脱毛器で十分なこともあります。

 

 

自宅用の光脱毛機とは?最大のデメリットは出力の弱さ

自宅用脱毛器は手軽に使えるのが良いところですが、自宅用脱毛器ならではの弱点もあります。
まず、自宅用脱毛器はかなり出力が低いのが特徴です。
これは安全のためですが、そのため、店舗で施術してもらうよりも脱毛に時間がかかることがあります。
なかなか効果がでなくて結局は店舗に通うことになることも。
その分、副作用も余り出にくいというのは良いところでしょう。
また、自宅用脱毛器は利用の仕方にも注意が必要です。
出力が低いからといって必要以上に使用していはいけませんし、副作用が生じることもあります。
副作用が生じたら自分で対処しないといけないですし、店舗で脱毛する際のように保証も受けられません。
他にも、店舗で脱毛してもらえばカウンセリングなども受けられますが、こうしたサービスも受けられません。
何よりも、自宅用脱毛器は医療レーザー脱毛に対応していません。
そのため、より効果のある医療レーザー脱毛をしてもらいたい際にはやはり医療クリニックでしてもらう必要性gああるのです。
このように自宅用脱毛器もメリット・デメリットがありますが、便利に利用できますから取り入れてみるのも良いでしょう。
とはいえ、エステサロンで光脱毛を受けているのに自宅用脱毛器も併用するのは避けておきましょう。
こうしたことをすると副作用がより出やすくなってきます。

 

 

 

光脱毛の効果とは?施術回数などについて

・光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれる・光脱毛は副作用が少ないのが特徴・光脱毛はエステサロンでしてもらえる・光脱毛はカミソリやシェーバーなどを用いるよりも脱毛するまでに時間がかかる・光脱毛の施術回数は12回程度・医療レーザー脱毛よりも脱毛には時間がかかる・自宅用脱毛器を利用することも可能・自宅用脱毛器であれば誰にも知られずに脱毛できる・自宅用脱毛器は出力が弱く副作用が少ない分だけ施術効果が少ない・自宅用脱毛器を利用する際には使い方に注意しておこう・光脱毛をすることでやけどになることもある・やけどを防ぎたいならば事前の対策も大事・脱毛方法にも色いろあるフラッシュ脱毛を利用する際にはその脱毛回数などについては塾つしておきたいところです。

 

 

 

光脱毛後にやけどになることもある?

光脱毛をした結果、やけどをしてしまう人がいます。
実際、光脱毛で最も多いトラブルがやけどであるという報告もあります。
やけどになると脱毛するのも怖くなりますし、痛みもあります。
見た目的にも痛々しいですから、なるべくやけどにならないようにしておきたいところでしょう。
そもそも安全とされている光脱毛でどうしてやけどになってしまうのでしょうか。
コレを知るためには光脱毛の仕組みについて知る事が大事です。
光脱毛はキセノンライトなどで毛根に光を当て、毛根にダメージを与えることで脱毛していくものです。
この際、毛根周辺の皮膚もねっせられるこになります。
通常はやけどするほどの出力では光脱毛しないのですが、何らかの原因で皮膚が熱を持ちすぎることがあります。
例えば、日焼けしている肌に対して光脱毛すると、やけどにもなりやすくなります。
これは日焼けをした肌は肌を黒くするメラニン細胞が多数存在しており、光脱毛をするとこのメラニン細胞が熱を持ちすぎてしまうためです。
他にも、肌が単純に弱いという人も火傷になりやすくなっていますから気をつけましょう。
色素着色の濃い部分や肌の抵抗力が弱まっている場合にもやけどにはなりやすくなります。
こうしたやけどをしたかどうか見分けるにはまずは数日経過を観察してみることが大事です。
例えば、ヒリヒリ感があって数日経過しても痛みがひかなければやけどの可能性が高いです。
他にも、水ぶくれができている場合や、じんましんができている場合にも火傷の可能性が高くなっています。

見た目的に肌が赤くなっていることでやけどであることが解ることも。
通常のやけどと違って施術時に「熱い」と感じるのではなく、脱毛時のやけどはじわじわと徐々にやけどが進展していくこともあるのも特徴です。
こうしたやけどを負ってしまった場合にはまずはやけどかどうか観察しましょう。
やけどであるならば冷却するのが基本的な対処法です。
冷却も水道水で十分ですから、10分以上水道水で冷却しましょう。
また、氷や保冷剤はなるべく直接当てないようにしてタオルの上などから当てていきましょう。
これで症状が収まれば良いですが、痛みが激しくなるばかりならば早めに医療機関に行って見てもらうと良いでしょう。
やけども数週間程度で治りますが、症状が重いものだと一ヶ月以上かかることもあります。
また、みずぶくれができたら絶対に潰さないようにしておきましょう。
もしも潰してしまうとキズになってしまうこともあります。
水ぶくれは放っておけば勝手に治りますから、なるべく触らないようにしておきましょう。
他に、紫外線をなるべく患部に当てないようにすることも大事です。
社交性テープを活用したりしましょう。
そもそも光脱毛をしてもやけどにならないようにするためには、ビタミンCを利用するのもおすすめです。
ビタミンCにはメラニンの生成をさたまげる働きがあり、よりやけどにならなくなります。
他にも、日焼けをした後にはなるべく脱毛はしないようにするのも基本です。

コレ以外にも、テスト照射をしてもらってやけどになるか確かめるという方法もあります。
もしもこうした肌トラブルが置きやすい場合には事前にカウンセリング時に相談しておきましょう。
そうすることで光脱毛する際に照射出力を下げてもらえるということもあるからです。
このように対策法も色々ありますから、しっかりと対処しておきましょう。

 

 

脱毛後の処置について~毛を剃ると効果がなくなってしまうこともある?

脱毛をした後にカミソリやシェーバーで毛を剃ってしまう人もいます。
脱毛をすれば勝手に毛は抜けていきますが、それを待てないということもあるでしょう。
基本的に脱毛後に剃ってしまっても問題無いですが、毛をソルことで肌を傷つけてしまうこともあります。
特に脱毛後は肌が過敏になっていることもあり、肌を傷つけやすいので気を付けておきましょう。
しかし、毛抜きで毛を抜くのはおすすめできません。
こうしたことをすると毛穴が広がって脱毛しにくくなることもあるからです。
他にも、脱毛をしても基本的に脱毛した箇所の全ての毛が抜けるというわけではありません。
脱毛効果がなかった毛は次回の脱毛で処理しなければいけませんが、毛抜きでこうした毛も抜いてしまうと問題になります。
脱毛効果を期待するためには毛が残っていないといけませんから、毛抜きで抜いてしまうと次回の処理時にしっかり脱毛できなくなることがあるのです。
このように注意点もありますから、脱毛後の処理には気を付けておきたいところでしょう。