光脱毛とは?その仕組やメリット・デメリットについて徹底的に解説!

光脱毛はどういった脱毛方法なのか?その仕組みについて

脱毛に興味があるという人は少なくありません。
脱毛をすれば面倒なムダ毛処理からも解放されますし、美肌効果もあります。
とはいえ、脱毛をしようとなると「エステサロンとクリニックのどちらに行けばよいのか」「どのくらい料金がかかるのか」「脱毛が終わるまでの期間は」といったように色々な疑問が生じるものです。
特に脱毛方法の違いについてよくわからないという人がいます。
基本的にエステサロンやクリニックで行われる脱毛方法には光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つですが、この中でも最も気軽に試せるのが光脱毛です。
光脱毛は脱毛効果のある光線を脱毛箇所に照射して脱毛を図っていくものであり、主にエステサロンでしてもらうことが可能です。
この光脱毛は価格も安く、副作用だけでなく痛みも少ないですが、効果は少ないのが欠点かもしれません。
他にも光脱毛をしようとする場合には知っておきたい事が多いですが、この記事ではこうした光脱毛の仕組みからメリット・デメリットまで詳しく紹介しましょう。

 

 

 

光脱毛を行うことで身体のムダ毛が抜ける仕組みについて

光脱毛をするとどうしてもヒゲや胸毛、背中のムダ毛が薄くなるのでしょうか。
これは光脱毛をするならば知っておきたいポイントですが、光脱毛では脱毛効果のある光をムダ毛に照射することで脱毛をしていきます。
光脱毛で用いられる光線は基本的にメラニン色素を含む部位のにみ効果があるものですが、ムダ毛もこうしたメラニン式を含んでいます。
ムダ毛に光線が当たることでメラニン色素が熱を持つようになり、この熱によって毛根が焼かれることで脱毛されるというわけです。
こうした光脱毛の脱毛メカニズムをより深く知るために理解しておきたいのが毛周期です。
光脱毛を一度すると完全に毛がなくなると考えてしまう人もいますが、実際には毛が一時的になくなるだけです。
毛には毛が生える成長期、発育が止まる休止期、毛が抜け落ちる後退期といった毛周期がありますが、毛の生え変わる周期に合わせて光脱毛をして脱毛した毛も再び生えてくることとなります。
このため、何度も光脱毛をして新たに生えてきた毛を失くしていくことが必要となるのです。
このように光脱毛は何度も行わないといけませんが、こうした光脱毛は医療クリニックではなくエステサロンでしか行えないということもついでに知っておきましょう。

 

 

光脱毛とフラッシュ脱毛は何が違う?気になるポイント

光脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて困惑する人もいます。
基本的にはどちらも同じものですが、より厳密に言えば光脱毛とフラッシュ脱毛は異なります。
そもそも光脱毛にもIPL脱毛やレーザー脱毛などがあります。
それぞれで効果も費用も微妙に変わってくるものですが、フラッシュ脱毛はこの内IPL脱毛脱毛だけを指していることがあります。
一方、光脱毛はIPL脱毛やレーザー脱毛などを含めた用語と考えてよいでしょう。
とはいえ、フラッシュ脱毛と光脱毛の用語の使い分けは曖昧なこともありますので、エステサロンに通う際には「どのような施術方法なのか」といったことを事前に確かめておくことも大事です。

 

 

どうして光脱毛がおすすめなのか?光脱毛をするメリットについて

脱毛方法にもニードル脱毛(美容電気脱毛)や医療レーザー脱毛などがありますが、光脱毛を採用すべき理由とは何でしょうか。
これは色々とありますが、まず光脱毛は痛みがかなり少ないのがポイントです。
医療レーザー脱毛にしてもニードル脱毛にしてもけっこう痛みがありますが、光脱毛であれば痛みはかなり軽減されてきます。
このため、痛みが気になる人や気楽に脱毛したいという場合にもオススメでしょう。
脱毛に伴う副作用も光脱毛だとより少なく、肌荒れなどのダメージを気にしている場合にもおすすめです。
光脱毛はエステサロンなど色々な店舗でできることもあり、店舗選びがしやすいところも特徴。
エステサロンであれば医療クリニックよりも敷居が低く、通いやすいことも利点です。
光脱毛は価格・費用的にも安価なことも指示されている理由です。
価格は全身脱毛をする場合には医療レーザー脱毛の半額になることも店舗によってはあり、かなり脱毛が安上がりで行えます。
施術範囲も広く背中などの広範囲を施術するのにも光脱毛は向いています。
それだけ施術時間も少なくなり、来店時の負担が少なくなるのも光脱毛ならでは。
最後に、光脱毛は自宅で行うこともできます。
医療レーザー脱毛は店舗でないと出来ませんが、家庭用脱毛器を用いれば光脱毛が自宅でも試せます。
自宅で脱毛すれば誰にも知られることなくコンプレックスを解消できますし、より安上がりかつ気楽です。
このように光脱毛をしておくメリットは多いものであり、最も人気の脱毛方法の一つであることも頷けるでしょう。

 

 

光脱毛をすることで生じるデメリットとは?

光脱毛には色々と気を付けておきたいデメリットがあります。
まず、光脱毛は効果が余り高くないことは理解しておきましょう。
光脱毛だと脱毛が終わるまでに2年程度もかかることもありますが、それだけ通院回数も増してきます。
医療レーザー脱毛であれば1年程度で終わりますから、その施術にかかる時間の差はかなりあります。
このため、早く脱毛を終えたい場合には医療レーザー脱毛やニードル脱毛を選択した方がよいことも。
とはいえ、これもかなり個人差があることは理解しておきましょう。
永久脱毛効果も光脱毛だと得られにくく、数年すると施術した箇所から再び産毛が生えてくることもあります。
このため、何度も施術をしないといけなくなることも。
これならば最初から永久脱毛効果のある方法を選択した方が得かもしれません。
この他にも、光脱毛は産毛には効果が薄いのも難点かもしれません。
光脱毛の照射エネルギーはどうしても医療レーザー脱毛に比べて低いですから、産毛などの色素が薄い毛は脱毛するのが難しいのです。
それでいて副作用はしっかりあります。
光脱毛しにくい箇所は産毛が多い箇所ですが、背中などが当てはまります。
場合によっては光脱毛では効果が期待できずに他の方法を採用しないといけなくなることも。
日焼けなどをしていると脱毛できないこともあるのも難点です。
これは医療レーザー脱毛でも同じことですが、ニードル脱毛であれば日焼けなどに関係なく施術することができます。

光脱毛の効果は使用するマシンや方式によってもかなり変わってくることもポイントです。
このため、色々と下調べしないといけませんし、何を選んだら良いのか分からなくなってしまうことも。
このように光脱毛には色々なデメリットがありますので、脱毛方法を選択する際にはしっかりと知っておきましょう。

 

 

 

ミュゼの光脱毛について~その仕組みとは?

光脱毛ができる機関には色々なところがありますが、「ミュゼ」もそんな光脱毛をしてもらえるエステサロンの一つです。
そんなミュゼが用いている光脱毛方法は後述するSSCと呼ばれる方式であり、痛みが少なく短時間で手入れできるのが特徴になっています。
このSSCを取り入れているために低価格で脱毛ができるようにもなっていますが、産毛にも効果が高いとされているのが特徴でしょう。
SSCをは専用ジェルを用いて脱毛を行いますが、このジェルもミュゼ独自のものを使用しています。
このようにミュゼの脱毛方法は特徴が多いですが、カウンセリング時にもこうしたことは教えてくれます。

 

 

光脱毛には色々な種類がある!IPLとSSCについて

光脱毛と一口に言ってもいくつか種類があることはポイントです。
主にIPL脱毛とSSC脱毛がありますが、IPL脱毛はインテンスパルスライトを用いているのが特徴。
このインテンスパルスライトは広範囲をより短時間に施術できるものであり、価格も安くなっています。
一方、SSC脱毛はスムーススキンコントロール法を用いてます。
これは専用ジェルとクリプトンライトを用いて脱毛を目指すものであり、痛みも少ないのが特徴です。
クリニックやエステサロンによってはどちらか一方歯科利用できないこともありますが、どちらにするか選べるようなクリニックやエステサロンもあります。
価格も異なってきますから、利用する前にはしっかりと比較しておきましょう。

 

 

ミュゼの施術料金が安いワケについて

ミュゼは他のクリニックやエステサロンなどよりも施術料金が安いのが特徴です。
しかし、余りにも安いところで施術を受けることに抵抗があるという人もいるでしょう。
ミュゼは100円脱毛キャンペーンなどもしていますが、これだけやすいと「手抜きしているのでは」「脱毛効果が薄いのでは」と疑ってしまうもの。
これだけ安く脱毛できる理由は色々ありますが、物品販売を独自に行っている、追加契約してくれる人が多いということも安く施術できる理由になっています。
とはいえ、勧誘はかなりあるといった悪評もありますので良いことだらけとは必ずしも言えません。
実際に利用する際には施術料金だけでなく接客などの点についても注意して確認しておくと良いでしょう。

 

 

毛が抜ける仕組み以外にも知りたいのが光脱毛の脱毛効果

光脱毛によって毛が抜ける仕組みは解りました。
しかし、実際に施術前に気になることは他にもあるでしょう。
特に質問されることも多いのが脱毛の効果についてです。
紹介したように光脱毛は医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて効果が少ないですが、それだけ脱毛効果が満足するまでに完了するまでの施術回数・期間も変わってきます。
これは平均して10回から12回ほどであり、期間的には2年程度かかります。
参考までに医療レーザー脱毛であれば一年程度で終えられます。
もちろん、これはマシンの出力・エネルギーや技術レベル等によっても左右されてきます。
効果には個人差もあり、毛が薄すぎると光脱毛もしにくくなりより施術回数も必要になるということも。
施術するのがワキなのか、それとも背中なのかといった脱毛部位・箇所によってもかかる期間は異なってきます。
このように実際の施術期間・回数はかなりバラツキがありますので、実際に脱毛をする際には気を付けておきましょう。
また、脱毛によって目指したいゴールが何なのかによっても脱毛効果は変わります。
例えば、脱毛によって完全に毛をなくしてツルツルにしたい場合にはより時間もかかります。
一方、産毛は残っても良いからある程度毛を無くしたいだけならばより短期間で施術を終えられるでしょう。

 

 

 

光脱毛の仕組みとそのメリット・デメリットに関するまとめ

・光脱毛には良い面・悪い面がある
・光脱毛は光線を照射して毛根を破壊するもの
・光脱毛をすることにより格安で施術できる
・痛みは少ないのも利点
・光脱毛は永久脱毛効果が薄い
・フラッシュ脱毛と光脱毛は少し異なる
・光脱毛には色々なものがある
・光脱毛の脱毛効果は医療レーザー脱毛やニードル脱毛に劣る
・光脱毛は自宅で家庭用脱毛器を利用しても可能
光脱毛についてこの記事では紹介しました。
光脱毛は価格も安く気軽にできますが、デメリットもけっこうあることは理解しておきたいところでしょう。

 

 

 

レーザー脱毛の仕組みについて知ろう!

医療レーザー脱毛は光脱毛とはまた異なるものです。
両者はどちらも同じように光線をムダ毛に照射することで熱を持たせて毛根を破壊するものですが、医療レーザー脱毛はその名の通りレーザーを用いているのが特徴です。
効果も光脱毛よりもかなり高くなっており、より短期間に脱毛が目指せます。
その分、価格も光脱毛よりも高めであり、全身脱毛をする際にも40万円程度かかることも。
痛みもかなり強く、人によっては麻酔が必要になることもあります。

 

 

光脱毛の痛みについて~医療レーザー脱毛と比べて痛くないのか?

脱毛方法にも医療レーザー脱毛やニードル脱毛などがありますが、光脱毛は数ある脱毛方法の中でも痛みが少ない脱毛方法です。
とはいえ、光脱毛もある程度痛みはあります。
光脱毛では60°~70度程度の光線を肌に照射しますが、熱が皮膚を持つことにより痛みを感じることもあります。
痛みの程度も個人差がかなり大きくなっており、人によっては堪えられないくらいの痛みを感じることも。
このため、痛みについてしっかり知りたい場合には初回体験脱毛を利用するのも効果的です。
光脱毛の痛みについては家庭用脱毛器を使って確かめることも可能ですが、痛みも施術毎に少なくなっていきます。