キレイモの施術後に見つけたムダ毛は照射漏れが原因?

無駄毛の処理は女性のたしなみ。
キレイモのような専門のサロンで脱毛をしてもらう方も多いでしょう。
ところがサロンで施術してもらったにもかかわらず毛が抜けないといった体験をする方がいるようです。
せっかくキレイモで脱毛の施術をしてもらったはずなのに、毛が抜けないと不満や不安を感じてしまいますよね。
照射漏れの話をした際のサロンの接客態度によっては、解約を考える人もいるかもしれません。
照射漏れが見つかったとき、施術代金を返金してもらえるのかも気になりますね。

 

 

この場合さまざまな理由が考えられますが、その一つとしてスタッフによる照射漏れも可能性も否定できません。
しかし毛が抜けない原因には、まだ毛が抜けるタイミングよりも早いといった理由や、ほくろやシミなど体の場所によっては照射できない場所があることなど他の原因である場合もあります。
今回はキレイモで施術を受けても毛が抜けない原因や、照射漏れの場合の見分け方、照射漏れとわかったときの対応の仕方についてご紹介します。

 

 

 

キレイモので施術後に毛が抜けない原因が知りたい!

①毛が抜けるまではもう少し時間がかかる

そもそもわざわざキレイモなど専門のサロンで脱毛の施術をしてもらったのにもかかわらず、なぜ毛が抜けないといったトラブルが発生してしまうのでしょうか?
キレイモでも説明がありますが、サロンで脱毛してからすぐ毛が抜けるわけではありません。
脱毛処理をしてから毛が抜けるまでの期間を知るには、毛周期の意味について理解を深めることがおすすめです。

 

 

体に生えている毛には毛周期とよばれる周期が存在し、毛が生えて成長する成長期から、成長しきって成長が止まる退行期、そして毛が抜け落ちる休止期に分けることができます。
キレイモで行われる光照射は、成長期にある毛根にしか効果が期待できません。
そして施術後2週間程度で、この光を照射されたムダ毛が抜け落ちることになります。
施術したムダ毛は、すぐに毛穴から飛び出すのではなく、じっくり時間を掛けながら少しずつ毛穴から押し出されていくことになります。

 

 

また施術時に退行期や休止期だった毛にはキレイモの効果がありません。
このため施術後2週間程度で退行期や休止期だった毛が生えてくるため、毛が抜けないと感じてしまうのです。

 

 

キレイモでの施術後にきちんと毛が抜けたかどうか不安な方は、施術をした日に、施術をした部位の写真を撮っておくのがおすすめです。
2週間程度経過したら当時成長期だった毛が抜け落ちます。
この時写真と自分の肌を見比べて脱毛効果があったかどうかを確かめることができるので安心できます。

 

 

②ほくろやシミに照射していないから

本来キレイモなどのサロンで行われる光脱毛は、ムダ毛の毛根の黒い色だけに光を反応させることで、毛根にダメージを与えています。
ところがほくろやシミはその色自体が黒い色をしているため、ムダ毛ではなく皮膚に光が反応してしまうリスクがあります。
この結果火傷をしてしまう可能性があるため、キレイモなどのサロンではほくろやシミに照射しないようにしているのです。
このためほくろやしみ周辺にあるムダ毛が抜けないのは、そもそも危険性を考慮して照射していない場合があります。
毛が抜けないと考える前に、施術時にスタッフからほくろやシミに関する説明がなかったかどうか思い出してみましょう。

 

 

同じように、キレイモで照射を避ける場所として、ひざなど乾燥している場所が挙げられます。
このようにお肌が乾燥していると、光を当てることで痛みを感じる場合があり、さらにお肌の乾燥を加速させてしまいます。
キレイモではこのように光照射によって後からトラブルが起こらないよう細心の注意を払って施術が行なわれているのです。
このため、エステで脱毛してもらうには、脱毛する箇所が乾燥しないように日頃から保湿ケアを行なっておくことが大切です。

 

 

③施術の回数が足らないから

キレイモでは、肌への刺激を考え一回目(初回)の照射は出力を落として行います。
このため脱毛効果も少し低くなってしまう可能性があります。
そして2回目、3回目と回数を重ねるごとに出力を上げて肌を慣れさせていくと、脱毛効果も少しずつ高まっていくことが期待できます。
このため単純にたった1回の施術で効果を実感するのはまだ早いと言えるでしょう。

 

 

また、キレイモのようなサロンでの光脱毛は、成長期にある毛根にしか効果がありません。
このため、自己処理が不要なくらいのツルツルすべすべ肌になるには、毛根の毛周期のサイクルに合わせて何度もキレイモなどのサロンで施術を行う必要があります。
具体的には、毛周期はだいたい2、3か月で入れ替わるため、この周期にあわせてサロンに通い成長期の毛根に光を照射することになるのです。
脱毛で無駄毛が気にならないくらいツルツルのお肌になるには、だいたい1箇所当たり12回程度、サロンに施術に通うことになります。
このためまだ思い通りの肌にならないのは、単純に施術回数が足らないからという原因が考えられるのです。

 

 

④色素沈着している箇所の照射は毛が抜けにくいため

キレイモの光脱毛の仕組み上、光は黒い部分に反応するため、肌に色素沈着があるとその部分に光が吸収されやすくなってしまいます。
この結果脱毛効果が弱くなってしまうのです。
またサロンでも火傷のリスクを下げるために光の出力レベルを下げて施術を行ないます。
この結果せっかく施術をしても毛が抜けにくくなるのです。

 

 

特にビキニラインや性器周辺のIラインなどのデリケートゾーンは下着などの摩擦を受けやすい場所。
このような摩擦はメラニンを発生させ色素沈着の要因になります。
またカミソリやシェーバー、家庭用脱毛器など自分で行なう除毛や剃毛処理(シェービング)が肌に刺激を与え色素沈着になる場合もあります。
このように体には色素沈着しやすい場所が存在するため、光照射しても毛が抜けにくくなるのです。
また産毛の場合も、メラニンの色が薄いため光脱毛の効果が弱くなる傾向があります。

 

 

⑤キレイモの施術に照射漏れ(打ち漏らし)があるから

一方、キレイモの施術後に毛が抜けない場合、本当に照射漏れが原因の場合もあります。
照射漏れかどうか判断するには、施術から2週間程度時間が必要です。
2週間程度で光を照射された場所の毛は抜けていきますが、このとき一部分の毛がまとまって残っていたら照射漏れの可能性があります。
この場合不自然に毛が残っているように見えるため、照射漏れとわかります。

 

 

また光脱毛では、機械を肌から浮かすことで生じる照射漏れもあります。
これは光脱毛の場合、機械を肌から離すとその効果が小さくなってしまうからです。
リゼクリニックやアリシアクリニック、湘南美容外科などで行なわれている医療脱毛やレーザー脱毛の場合、機械と肌が離れていてもその効果は変わりませんが、キレイモを初めとしてミュゼプラチナム、エピレエステサロンで行なわれる光脱毛では、機械が肌から離れると照射漏れになってしまうリスクがあります。

 

 

キレイモで再照射してもらうことができるの?

実際に施術後に照射漏れを発見した場合、再施術(再照射)してくれるかどうかが気になりますね。
わざわざ月額料金などを払って、全身脱毛を初め高い契約の脱毛プランやコースを受けているのですから、いざ毛が抜けないとわかれば当然不満を感じたり、最悪な気持ちになってもおかしくありません。
キレイモに対する評判にも疑問を感じてしまいます。

 

 

この照射漏れがあった場合、再照射の対応をしてくれるかどうか、または再照射の保証があるかどうかは医療クリニックやエステサロンなど会社によって異なります。
キレイモの場合、照射漏れに気づいたらまずはキレイモに連絡することが大切です。
そしてその箇所を店舗のスタッフに確認してもらって、照射漏れであると認めてもらえれば再照射してもらうことが可能になります。

 

 

キレイモで再照射してもらうために必要なこと

毛が抜けない原因が照射漏れだと感じたら、まずはキレイモのコールセンター(0120-444-680)(年末年始以外11:00~21:00受付)に相談しましょう。
コールセンターでは、前回の施術で照射漏れがあったことを伝え、店舗来店日の予約を取ります。
そして店舗来店の当日に、照射漏れの箇所をスタッフが一回確認し、本当に照射漏れが原因で毛が抜けないのかどうかを判断してくれます。
このとき、照射漏れが原因とわかれば、再照射をしてもらうことができるので大丈夫です。
もちろん追加料金は発生しません。

 

 

照射漏れが起こりやすい体の場所はあるの?

プロが処理してくれる光脱毛。
プロがしてくれるのだから完全に処理してくれるはず・・・と思い込みがちですが、実際経験豊富なプロが光脱毛の施術をしても、照射漏れは起こる可能性があります。

 

 

もちろんサロンではすこしずつ機械をずらしながら、漏れが無いように注意をしながら丁寧に施術を行なっています。
またサロン内でも照射漏れが起こらないように、マニュアル周知やスタッフの教育など対策が徹底して実施されています。
しかし体の中でも起伏が大きな場所や場所と場所の境目では光を当てるのが難しく、結果的に照射漏れが起こってしまう場合があるのです。

 

 

具体的に照射漏れが起きやすいのは、凹凸が多く機械を肌に水平に当てることが難しい脚やVIOゾーン、フェイスラインなどが挙げられます。
このような場所に正確に機械を当てるには経験や技術が要求されるため、サロンの担当店員の教育レベル、店員の定着率などサロンで差がでやすい部分と言えます。

 

 

エステサロンでは価格競争が激しいため、店舗で利益を上げるためには、短時間で脱毛処理を行なわなくてはなりません。
このため人為的なミスも出やすくなるといったエステ業界の裏事情があるのです。

 

 

 

キレイモで脱毛した後の無駄毛って引っ張ってもいいの?

キレイモで脱毛した後、無駄毛の毛根は光による熱によってダメージを受けています。
このため日を重ねるごとに少しずつ毛根は弱まっていき次第に無駄毛を支えられなくなっていきます。
そして最後に抜け落ちていくことになるのです。
だいたいこれまでの期間が2週間程度と言われています。

 

 

一方、光を照射された全ての毛が抜け落ちるわけではありません。
キレイモのような光脱毛の効果は成長期の毛根にしか効果がないため、施術当時退行期や休止期にあたる毛は、光とは無関係に生えてくることになるのです。
このためキレイモで脱毛したからといって無駄毛を引っ張っても全ての無駄毛が抜け落ちることはありません。
抜け落ちるのは、施術当時成長期だった無駄毛だけなのです。

 

 

キレイモで脱毛後むやみに無駄毛を引っ張ると、まだ抜けない毛まで引っ張ってしまいお肌に余分なダメージを与えてしまいます。
施術当時成長期だった毛は、時間がたてば自然に抜け落ちていきますので、引っ張らないようにしましょう。

 

 

 

キレイモの照射漏れで注意するべきポイント

以上から、キレイモで照射漏れの疑いがあるとき注意するポイントは次の通りです。

 

 

 

・照射漏れかどうかを判断するには、2週間程度の期間が必要
・キレイモでは安全を考慮してほくろやシミには、光を照射しない
・キレイモでは安全を考慮して色素沈着部分には光の照射レベルを下げる
・キレイモでは乾燥している部分にも、光を照射しない
・光脱毛は人が施術するため、凹凸の激しいVIOゾーンや、フェイスライン、脚などでは照射漏れが起きてしまう場合がある
・キレイモでは、照射漏れがわかったら再照射してもらうことができる
・キレイモで再照射してもらうには、まずコールセンターに連絡する必要がある
・施術してもらった後の無駄毛は全て抜け落ちるわけではないので、肌にダメージを与えないためにも施術後むやみに引っ張らないことが大切

 

いかがでしたか?今回はキレイモで施術を受けた場合の照射漏れについてご紹介しました。
施術したのに無駄毛が抜けないのはショックですが、無駄毛が抜けない原因は照射漏れだけではありません。
施術してもすぐに無駄毛が抜け落ちるわけではありませんので、まずは2週間程度様子を見るようにしましょう。
その後、施術した箇所にまとまった無駄毛が残っている場合は、照射漏れの可能性があります。
照射漏れかどうかは店舗のスタッフに判断してもらう必要があるため、まずはコールセンターで店舗の予約を取るようにしましょう。
店舗で施術箇所を確認して、照射漏れと判断されれば無料で再照射を受けることができます。

照射漏れかも!?キレイモの脱毛で毛が抜けない理由とは関連ページ

KIREIMO(キレイモ)店舗一覧
KIREIMO(キレイモ)店舗一覧
キレイモの口コミ|通った人の意見を収集!
KIREIMO,キレイモ,口コミ
KIREIMO(キレイモ)料金プラン
KIREIMO(キレイモ)料金プラン
KIREIMO(キレイモ)のキャンペーン♪どれがお得?
キレイモ,キャンペーン
KIREIMO(キレイモ)のスリムアップ脱毛ってどう?
KIREIMO(キレイモ)のスリムアップ脱毛ってどう?
KIREIMO(キレイモ)の評判は?|脱毛サロン
キレイモ,評判
キレイモの全身脱毛がオススメ!それはなぜ?
キレイモ 全身脱毛
キレイモって本当に「予約がとれない」ことはないですか?
キレイモ 予約
キレイモの体験談※実際に通ってみた!
キレイモ,体験談
キレイモの顔脱毛は美顔フォトフェイシャルも選べるらしい
KIREIMO,キレイモ,顔,顔脱毛
キレイモは脇脱毛だけできる?脇抜きはできる?何回必要?
キレイモ,脇,脇脱毛
キレイモの回数は何回必要?通う頻度や期間はどのくらい?
キレイモ,回数,頻度
キレイモの脱毛の施術時間は?カウンセリングの所要時間は?
キレイモ,施術時間,時間
キレイモの効果、何回から感じる?
キレイモ,効果
キレイモで脱毛したい!毛深い人は何回コースをチョイス?
キレイモ,毛深い