医療レーザー脱毛をすることで毛が濃くなってしまうことがあるらしい!?

レーザー脱毛をする際に知っておきたい注意点!医療レーザー脱毛によって毛が濃くなる??

ひげ、背中、わき、胸毛などのムダ毛をどうにかしたいならば医療クリニックやエステサロンなどの専門店で脱毛してもらうのが手っ取り早い対策法です。
こうした専門店で行う脱毛方法の中でも特に医療レーザー脱毛はポピュラーなのものですが、医療レーザー脱毛には気を付けておきたい副作用もあります。
例えば、医療レーザー脱毛をすると毛が逆に濃くなったり、毛が多くなる=硬毛化・多毛化することがあります。
脱毛するためにクリニック・エステサロン似通っているのに、このような症状が起こるようでは脱毛するのもためらってしまうものです。
一体どうして硬毛化や多毛化は起こってしまうのでしょうか。
その解決策はあるのでしょうか。
この記事ではこうした医療レーザー脱毛をする際に起こることがある副作用について詳しく解説していきますので、医療レーザー脱毛に不安があるという人は読んでみてみてください。

 

 

医療レーザー脱毛後に生じる硬毛化や多毛化とは?

医療レーザー脱毛をした後に稀に硬毛化や多毛化することがあります。
硬毛化とは医療レーザー脱毛を行った部位の毛が施術前よりも太くなるものです。
もともと濃い場合にはわかりにくいこともありますが、産毛を施術した後に硬毛化した場合には目立ちやすくなります。
一方、多毛化は医療レーザー脱毛をした部位の毛が施術前よりも増えるもの。
実際には硬毛化しただけなのに多毛化したと感じてしまう人もいます。
背中などの部位を施術した後に硬毛化や多毛化すると自分では気づきにくく、友人に指摘されて初めて気づくという人もいます。
どちらの症状にしても脱毛をしたい人にとってはかなりショッキングな副作用ですが、硬毛化や多毛かは防いでいくことも実は可能です。
例えば、マシンの出力を上げてもらうことで硬毛化や多毛化が防げることも。
こうした硬毛化や多毛化の原因や理由についてより深く迫っていきましょう。

 

 

 

レーザー脱毛後に毛が濃くなる理由について知ろう!

硬毛化や多毛化するメカニズム・仕組みについても紹介しましょう。
まず、硬毛化ですが、硬毛化する原因や理由は科学的に証明されているわけではありません。
しかし、幾つか硬毛化を引き落とすとされている理由はあります。
例えば、医療レーザー脱毛時に生じる熱量が硬毛化の原因とされています。
医療レーザー脱毛時には高温のレーザーを毛に照射して毛にダメージを与えますが、産毛を処理する際には上手く光線の熱が毛根に伝わらないことがあります。
弱い熱量のみしか毛根に伝わらないと毛根にダメージを与えるどころか逆に毛根を活性化させることにもつながることがあるのです。
これにより硬毛化が発生すると考えられています。
また、医療レーザー脱毛を行うと産毛が生えてくることがあります。
これはヘアサイクルの関係ですが、このために施術後に毛が多くなることがあります。
このために多毛化したと感じてしまう人も。
また、硬毛化や多毛化は単に気のせいであることもあります。
実際、硬毛化・多毛化したかどうか判断するのは素人だと難しいこともあり、治療が正常に進行しているのに「硬毛化・多毛化した」と思い込んでしまう人もいるのです。
そのため、硬毛化や多毛化が本当に発生したのかしるためにも、まずはカウンセラーに相談してみると良いでしょう。
これによって余計な不安やいらだちも解消できますし、カウンセラーが対策法を示してくれることもあります。
ちなみに、背中を施術してもらった後に胸毛などが硬毛化・多毛化したと感じる人もいます。
こうした悩みをクリニックスタッフに相談する人もいますが、基本的に硬毛化や多毛化は施術した箇所にしか発生しません。

そのため、もしも施術してもらった部位とは違う部位の毛が濃くなった場合には全く違う原因の可能性が高いです。
場合によってはこうした硬毛化や多毛化は何らかの病気の副作用であることも。
このため、原因不明の場合には医療機関を訪れてみるのも良いでしょう。

 

 

硬毛化・多毛化が発生しやすい部位が実はあるらしい!?

硬毛化や多毛化は厄介なものですが、その症例はかなり少ないものです。
10人に1人発生するかどうかと言われるほどに発症の可能性は低くなっており、そこまで症例の多い副作用ではありません。
そのため、大げさに心配する必要性はありませんが、硬毛化や多毛化しやすい部位というのも実はあります。
例えば、首周りや方、背中や太ももなどです。
硬毛化や多毛化は十分に熱量が毛根に伝わらないことで起こるとされていますが、産毛だと医療レーザー脱毛をしても効果が薄く、熱が十分に伝わらない可能性が高まるのです。
このため、産毛が多い上記のような箇所が硬毛化・多毛化しやすい箇所になっています。
もしもこうした箇所を施術する際には特に気を付けておきたいですが、他の部位でも産毛が多い箇所であれば硬毛化や多毛化は起こりやすくなっています。
このため、部位に限らず「産毛を施術する際には硬毛化や多毛化が置きやすい」と理解しておくと良いでしょう。

 

 

 

レーザー脱毛を顔に行うことでヒゲなどが濃くなる可能性がある?

紹介したように、産毛がある箇所は硬毛化や多毛化が発生しやすくなっています。
顔も産毛などが多い部位であり、医療レーザー脱毛をする際には気を付けておきたいところです。
特に顔は硬毛化や多毛化が目立ちやすい部位ですので施術をお願いする際にも気を付けておきたいところ。
顔毛が硬毛化したり多毛化するのが嫌な場合にはニードル脱毛をするのも良いでしょう。
ニードル脱毛はかなり痛みが強いものの、基本的にこうした硬毛化や多毛化は起こりません。
その分、ニードル脱毛は施術範囲がかなり狭まるといった難点もあります。

 

 

濃くなる現象は一過性のもの?それとも継続する?硬毛化や多毛科が起こった際の対処法について!

硬毛化や多毛化はかなり脱毛をしたい人にとっては恐ろしいものでしょう。
コンプレックスである毛が逆に濃くなったり多くなるのですから、お金を払ってクリニックやエステサロンにかよっている意味もわからなくなります。
しかし、こうした硬毛化や多毛化は基本的には一過性のものです。
施術を続けていくに連れて硬毛化・多毛化した部位も次第に毛が薄くなっていきます。
このため、過度に心配する必要性はあまりないかもしれません。
施術を途中で辞めた場合も同様に勝手に硬毛化や多毛化は治っていきます。
しかし、より症状を緩和するために硬毛化や多毛化した際に試しておきたい対処法はけっこうあります。
クリニックやエステサロンのスタッフが対処法を示してくれることもありますが、下記でこうした対処法について詳しく迫っていきましょう。

 

 

 

背中のレーザー脱毛時に気になる硬毛化や多毛化~濃くなるのを回避する方法

背中は施術する範囲も広範囲です。
特に産毛が多い箇所でもあり、硬毛化や多毛化が起こりやすくなっているのが特徴でしょう。
こうした部位を施術する際にはニードル脱毛も不向きですので困ってしまうもの。
もしも硬毛化や多毛化を防ぎたい際には医療レーザー脱毛ではなくSSC脱毛をするというのもありです。
これは専用ジェルを用いて施術するものであり、背中などの広範囲も処理できますし、硬毛化や多毛化も起こりにくくなっています。
しかし、施術してもらえる店舗自体が少ないですし、効果が薄いというような難点もあります。
とはいえ、硬毛化や多毛化を防ぎたいには選択しておきたいものでしょう。

 

 

光脱毛だと硬毛化や多毛化が生じなくなる?

医療レーザー脱毛だと硬毛化や多毛化が生じやすくなることがわかりました。
そこで気になるのが医療レーザー脱毛と同じように人気がある光脱毛についてです。
光脱毛だと硬毛化や多毛化することはあるのでしょうか。
これは用いるマシンによっても変わりますが、結論から言うと光脱毛でも硬毛化や多毛化は起こることがあります。
そもそも医療レーザー脱毛も光脱毛も原理は同じもので、どちらも光線を当てて発生する熱によってムダ毛を処理するもの。
このため、光脱毛であっても熱を十分に毛根に伝えられない場合には硬毛化や多毛化が生じることがあります。
とはいえ、光脱毛の中でも紹介したようなSSC脱毛であればより硬毛化や多毛化も生じにくくなってきます。
医療レーザー脱毛よりも光脱毛は硬毛化や多毛化が生じにくいということもポイントでしょう。
もしも硬毛化や多毛化自体が嫌ならば脱毛クリームを利用してみることを検討してみましょう。
脱毛クリームであれば光脱毛や医療レーザー脱毛で生じるような硬毛化や多毛化の心配性もありません。
その分だけ効果も劣りますので、シチュエーションに応じて適切な方法を選んでおきましょう。

 

 

チェックしておきたい硬毛化した場合の解決方法について

硬毛化したり多毛化した際にはいくつか試しておきたい対策法があります。
例えば、医療レーザー脱毛や光脱毛に用いられるマシンの出力を上げてもらうのがその一つです。
これにより熱も十分に産毛にも伝わるようになり、硬毛化や多毛化が起きにくくなってきます。
しかし、マシンの出力を上げることにより痛みが激しくなるばかりか、他の副作用が生じることもあります。
そのため、しっかりスタッフと相談の上で対処していきましょう。
他にも、産毛が多い箇所は脱毛しないようにするのも良いでしょう。
産毛は自宅で脱毛クリームなどを用いて処理することにして、毛が濃いところだけ店舗で処理してもらうということも出来ます。
こうすることで硬毛化や多毛化のリスクが大幅に下げられますしコスト的にも安上がりです。
マシン自体を変えるというのもありでしょう。
店舗によってはマシンを数種類用意しているところもありますが、マシンを変えることで硬毛化や多毛化が減少することもあります。
これはマシンによって波長などが異なるためです。
また、硬毛化したり多毛化した際に余り気にならないようであれば放っておくのも良いでしょう。
基本的に硬毛化や多毛化は勝手に治っていきますし、治療が進行するに連れて無くなります。
そのため、余計なことをするよりは放っておいた方が良いこともあるのです。
逆に多毛化したり硬毛化したからといって、変に家庭用脱毛器などを用いて「治療」しようとするのは危険です。
こうすることで副作用が生じやすくなることもあります。

逆に硬毛化や多毛化を悪化させることもありますから、家庭用脱毛器や脱毛クリームなどを利用してなんとかしようとするのは避けておいた方が良いでしょう。
最後に、余りにも硬毛化や多毛化が酷い場合には施術を中止するのも良いでしょう。
施術を一定期間辞めて再チャレンジすると硬毛化や多毛化も解消されることもあります。
店舗自体を変えてしまうのも良いですが、この際に返金保証などがあるかどうかは契約前に確認しておきたいところです。
ちなみに、契約日から8日以内であればクーリングオフ制度も利用できますので活用しておきましょう。

 

 

 

レーザー脱毛後に毛が濃くなる場合のまとめ

・医療レーザー脱毛をすると毛が濃くなる=硬毛化することがある
・毛が増える=多毛化することも
・医療レーザー脱毛に限らず光脱毛をした際にもこうした症状が生じる
・硬毛化や多毛化の原因はよく分かっていない
・不十分に熱が伝わることが理由という説もある
・硬毛化や多毛化は人によって程度が異なってくる
・硬毛化や多毛化してしまったらマシンやクリニックを変えることもおすすめ
・硬毛化や多毛化はマシンの出力を上げることで防げることもある
医療レーザー脱毛や光脱毛をすると多毛化や硬毛化することがあります。
こうした点はクリニックやエステサロンに通う際には十分に気を付けておきたいところでしょう。

 

 

 

毛を電気シェーバーやカミソリで剃ることにより毛が濃くなる話について

脱毛体験談や口コミなどを見ていると「シェーバーやカミソリで毛を剃ったら逆に濃くなってしまった」という内容・現象によく出くわします。
実際にシェーバーやカミソリで自己処理したという人は実体験としてこのことについて知っている人もいるでしょう。
これは基本的には毛の抵抗力によるものです。
毛はそもそも身体のプロテクターとして生えてくるものですが、毛を剃ることにより剃られた毛も「これ以上剃られないようにしよう」として硬くなってしまうのです。
これにより剃れば剃るほどに毛が濃くなるという事態に陥ります。
特に毛の流れに逆らって剃ると毛もより固くなっていきますので注意しておきたいところでしょう。
これだけでなく毛が生えるスピードも増してくることもあり、「ムダ毛を処理しようと思ったのに逆にムダ毛が増えて悩まされるようになった」という失敗例も良くみられます。
カミソリやシェーバーによるこうした毛の硬毛化を防ぎたい場合には「毛を剃る頻度をなるべく少なくする」といったことも大事ですが、そもそも毛根を毛抜きなどで抜いてしまうのも効果的です。
毛抜きなどを利用すれば毛が濃くなるどころか逆に毛を薄くすることもできます。
とはいえ、毛抜きだと広範囲をケアすることは難しいですし、痛みもかなりあります。
そのため、シチュエーションに応じてカミソリ・シェーバーと毛抜きを使い分けていくと良いでしょう。
もちろん、家庭用脱毛器などによって脱毛してしまうという方法もあります。
このような剛毛か現象以外にも電気シェーバーやカミソリを用いると肌を傷つけることもあります。
実際に、普段から電気シェーバーやカミソリを使用していない部位に電気シェーバーやカミソリを用いると肌もより傷つきやすくなるもの。
こうしたことを防ぐためにも、毛はしっかりと蒸らしてから剃るようにしたり、力を入れ過ぎないこともポイント。
加えて、シェービングローションやアフターシェーブローションは必ず使用しておくようにしましょう。

その部位に合わせた適切な電気シェーバーやカミソリを用いるということも基本です。

 

 

レーザー脱毛はどのくらい痛いのか?脱毛を検討している人が知っておくべきポイント

医療レーザー脱毛を店舗でしてもらおうと検討している人は医療レーザー脱毛の痛みについても詳しくなっておきましょう。
医療レーザー脱毛をする際に痛みは避けられないものであり、こうした痛みについて不安を感じてカウンセリング時にスタッフや医師に相談する人も多くなっています。
痛みもかなり個人差があり、「かなり痛くて施術を途中で辞めてもらった」という人もいますし、「痛みはほとんど問題にならなかった」という人もいます。
そのため、体験脱毛などをして痛みについては実際に確かめてみるのもおすすめです。
そもそも美容レーザー脱毛時に痛みを感じる理由・原因は何なのでしょうか。
コレを知るためにも医療レーザー脱毛の仕組みについて知ることも大事。
医療レーザー脱毛では毛根にレーザーを照射してダメージを与えることで脱毛を図りますが、このレーザーの温度は200°以上にも達することがあります。
これだけの高温の光線を肌に照射するのですから、照射後に火傷などによる痛みを感じてしまうのは当然と言っても良いでしょう。
こうした医療レーザー脱毛時に感じる痛みもいくつかありますが、毛根細胞がレーザーによって破壊される際に周辺の皮膚が痛むということもあります。
こうした痛み・症状を和らげたいならば麻酔を用いるのも一つの手です。
笑気麻酔やテープ・クリーム麻酔を用いることにより痛みもほぼ感じなくなります。
他に、店員・ドクターに相談すれば機器の出力を下げてくれるようなことも。
体調不良の場合や日焼けなどをしていると痛みが強くなりますから、痛みを下げたいという場合には来店前の行動にも気を付けておきたいところ。
痛みがどうしても気になるという人はエステサロンなどでしてもらえる脱毛クリームや光脱毛による施術を検討してみるのも良いでしょう。
こうした脱毛方法であれば痛みも遥かに医療レーザー脱毛よりも軽減できます。
しかし、効果は医療レーザー脱毛よりも劣り、永久脱毛効果も薄れてきますので注意しておきましょう。

ちなみに医療レーザー脱毛の痛みは部位によっても変わります。
医療レーザー脱毛時に痛みが特に激しいのがワキなどですが、痛みの激しい箇所は光脱毛を採用するという解決策もあります。
とはいえ、脱毛も回数を経るにつれて痛みも軽減していきますので、最初の一回目の脱毛さえしのげれば、そこまで過度に心配する必要性も余りないかもしれません。
ともあります。
こうした痛み・症状を和らげたいならば麻酔を用いるのも一つの手です。
笑気麻酔やテープ・クリーム麻酔を用いることにより痛みもほぼ感じなくなります。
他に、店員・ドクターに相談すれば機器の出力を下げてくれるようなことも。
体調不良の場合や日焼けなどをしていると痛みが強くなりますから、痛みを下げたいという場合には来店前の行動にも気を付けておきたいところ。
痛みがどうしても気になるという人はエステサロンなどでしてもらえる脱毛クリームや光脱毛による施術を検討してみるのも良いでしょう。
こうした脱毛方法であれば痛みも遥かに医療レーザー脱毛よりも軽減できます。
しかし、効果は医療レーザー脱毛よりも劣り、永久脱毛効果も薄れてきますので注意しておきましょう。
ちなみに医療レーザー脱毛の痛みは部位によっても変わります。
医療レーザー脱毛時に痛みが特に激しいのがワキなどですが、痛みの激しい箇所は光脱毛を採用するという解決策もあります。
とはいえ、脱毛も回数を経るにつれて痛みも軽減していきますので、最初の一回目の脱毛さえしのげれば、そこまで過度に心配する必要性も余りないかもしれません。

医療レーザー脱毛をすることで毛が濃くなってしまうことがあるらしい!?関連ページ

医療脱毛の効果!通う期間はどのくらい?回数・部位・コスパ
医療脱毛,効果
医療脱毛での全身脱毛をしようかどうか迷っている方へ!
医療脱毛,全身
医療脱毛でVIO脱毛、効果は?痛みは?詳しく知りたい!
医療脱毛,vio
医療脱毛で背中脱毛!
医療脱毛,背中
レーザー脱毛は痛い!?痛みを減らす方法とは?
レーザー脱毛,痛み
顔のレーザー脱毛の効果は?ニキビにも効くって本当?
顔,レーザー脱毛
レーザー脱毛と色素沈着の関係
レーザー脱毛,色素沈着
医療脱毛の選び方!失敗を避けるための大切な4つのポイント
医療脱毛,選び方
医療脱毛のおすすめクリニックはどこ?
医療脱毛,おすすめ
医療レーザー脱毛をすることで毛が濃くなってしまうことがあるらしい!?
レーザー脱毛,濃くなる
医療脱毛で痛くないとこある?地域別おすすめクリニック
医療脱毛,痛くない
医療脱毛はエステサロンと併用可能?併用時のポイントとは
医療脱毛,エステ,併用
脇脱毛ならクリニックでの医療脱毛がおすすめ!
医療脱毛,脇,おすすめ
医療脱毛を都度払いで支払い可能なクリニック・エステサロン
医療脱毛,レーザー脱毛,医療レーザー脱毛,都度払い
医療脱毛は保険適用できる? 安くなる?
医療脱毛,レーザー脱毛,医療レーザー脱毛,保険