ラヴォーグの遅刻事情をチェック!ペナルティはあるの?

ラヴォーグの特徴

美容脱毛サロンがいくつもある中、比較的安い値段で全身脱毛ができると評判になっているラヴォーグ。
現在、新宿西口店をはじめ7店舗を構える都内以外にも、全国各地に多くの店舗を展開している新全身脱毛美容サロンとして注目されていますよね。
ラヴォーグが安い料金で効果の高い脱毛サロンを経営できる理由は、ほとんどの店舗がビルの1フロアを使い、内装などにお金をかけないでゲストに還元するという仕組みをとっているから。
大手サロンのような高級感はないものの、清潔感のある親しみやすい空間づくりがかえって足を運びやすい雰囲気となっているよう。
また、CMやネット上の宣伝・広告費を抑えることで経費を削減することで、低価格での全身脱毛を実現しているようです。
普段広告が目につかない分認知度は低めですが、実際にラヴォーグで脱毛を経験した人たちによる口コミで広まり、今や多くの広告を打ち出している大手美容脱毛サロンと並ぶ人気を誇っているようです。
また、施術時間が短いのもラヴォーグの特徴のひとつ。
それはラヴォーグが使う脱毛の機械に秘密があります。
ラヴォーグでは冷却ジェルが不要の「シルキーライトⅡ」という光脱毛機器を使っていたのですが、2017年から新たに「クリアSP-ef」という脱毛器を取り入れ使っています。
この「クリアSP-ef」は照射部分に冷却効果があるので、わざわざ脱毛前に保冷剤を使って肌を冷やす必要がありません。
これによりムダな時間をカットし、全身脱毛がスタッフ1名でもたったの60分で終了するのです。
また、この脱毛機は純国産。
日本人の肌に合わせた設計になっていますので、安心・安全なのです。
脱毛のペースも、通常は2ヵ月に1回脱毛を行うサロンが多いのに対し、ラヴォーグは1ヶ月に1回のペースで全身脱毛を行うことができます。
ですので18回の回数パックプランであれば、18ヶ月で全身脱毛が完了してしまうという驚きのスピード。
また、脱毛効果が高く、口の周りやお腹などの産毛も脱毛効果が実感できるというのも人気の理由。

ちなみに脱毛サロンのマイナス要因となる「勧誘」も、全身脱毛プランのみを取り扱うラヴォーグでは一切ありませんのでご安心を。
ラヴォーグで全身脱毛では、専用の予約サイトから事前に予約をとることができます。
わざわざサロンに電話したり、施術日に次回の予約を取る必要なく、スマートフォン一つで気軽に予約ができるのがうれしいポイントですね。
料金、優秀な脱毛器、施術完了までの期間の短さなど、さまざまなメリットがあるためラヴォーグは支持されているのです。

 

遅刻はNG?ペナルティはあるの?

専用サイトから自分のスケジュールに合わせて脱毛の予約ができるラヴォーグですが、無断キャンセルはもちろん、予約時刻に遅刻した場合もペナルティが課せられます。
ラヴォーグは低価格で全身脱毛ができるというだけでなく、1回の施術のスピードも魅力です。
顧客1名に対し、1~2名のスタッフがシェービング、ローション塗布、脱毛、ケアまでを60分以内とスピーディーに行なうことで、1日に多くの顧客を施術しているようです。
つまり、1名の予約が入れば、最大2名のスタッフがその時間を空けておかなければならないということ。
無断キャンセルや遅刻は、サロンの回転率を下げ、スタッフにも他の顧客にも大きな迷惑がかかってしまうため、きちんと無断キャンセル・遅刻にはペナルティがあるようです。

 

 

 

遅刻は10分を超えると1回分消化扱いになる?

①当日、10分遅刻した場合
予約していた施術当日、10分遅刻してサロンに訪れた場合、そのまま施術を行なってくれる可能性もあります。
が、ラヴォーグの全身脱毛は1回60分を目安に予約を管理しているので、残りの50分で受付、着替え、施術と一通りを済ませなければなりません。
ですが、予約状況などサロンの混雑状況によっては、10分の遅刻でも当日キャンセル扱いになり、1回分の施術がまるまる消化ということにもなりますので、10分といえども遅刻しそうであれば、必ずサロンに一度電話をして確認することをおすすめします。

 

②当日、30分遅刻した場合
30分の遅刻の場合は、施術1回分まるまる消化となります。
12回コースなどで契約していたとすれば、そのうちの1回が消化され、実際に施術していなくても残り11回分、となってしまいます。

 

③脱毛し放題コースで遅刻した場合
ラヴォーグには、全身55部位を月額料金制で脱毛し放題のコースがありますが、こちらのコースで契約していた場合、当日の遅刻はどうなるのでしょうか。
この場合も同様です。
脱毛し放題のコースとはいえ、脱毛内容と施術時間、予約方法はどのプラン・コースでも一緒ですので、30分以上の遅刻は原則的に1回分の消化とみなされます。
次回の予約を再度取らなければなりませんし、お金もその分払わなければならないので要注意です。

 

④全身脱毛コースで遅刻した場合
ラヴォーグで人気の全身55部位の回数制限ありの脱毛コースですが、こちらも遅刻した場合は例外なく1回分の予約を消化したことになります。
キャンセル料が発生することはなく、まるまる1回分の施術がなくなるというペナルティとなります。

 

以上の通り、ラヴォーグでは、契約コースがなんであれ、基本的には10分以上の遅刻をした場合、その日の施術を1回分消化したことになります。
10分以内の遅刻であれば、場合によっては残りの施術時間でお手入れをしてくれることもありますので、遅刻しそうだと分かった時点で、必ずサロンに連絡をいれるようにするのがベターでしょう。

 

 

施術が受けられないのは遅刻以外にどんな時がある?

時間を守ってサロンに訪れたけど、一定の条件をクリアしていなければ施術が受けられなくなります。
以下にその条件・ケースをまとめました。

 

過度な日焼け

海に遊びに行った、山でバーベキューをした…など、夏のアウトドアにつきものなのが日焼け。
しかし、日焼けをしてしまうと施術を受けることができなくなります。
ほとんどの美容脱毛サロンが該当するのですが、光を使った脱毛は毛の黒い色素に反応して効果を出しますので、肌が日焼けしていると効果が出なくなります。
また、肌の日焼けは火傷と同じ状態ですので、そういった状態のときに施術をすると、肌がただれたり炎症を起こしてしまったりするのです。
日焼けの判断は、当日スタッフが行ないます。
ですので、当日突然日焼けで施術がキャンセルになることも。
この場合も当日キャンセルと同じ扱いになりますので、1回分消化したことになります。
海でたっぷり遊んだ翌日に施術を受ける…なんてことにならないよう、スケジュール調整しておきましょう。

 

薬の服用や体調不良

施術前後36時間は薬を服用することができません。
市販薬や塗り薬もすべて対象になります。
薬を服用していた場合、施術を受けることができなくなりますので要注意してください。
合わせて、二日酔いや風邪など体調不良の場合も施術は受けられません。
どちらも当日キャンセルの扱いになりますので、万全の体調で臨めるようにしておきましょう。

 

マッサージ、岩盤浴、サウナなど

施術前日?翌日までの間、エステサロンでのマッサージやジムでの運動など、代謝を上げるような行動はNGです。
また、岩盤浴やサウナなど、激しく汗をかく行為は施術前日、当日はもちろん、施術後1週間は控えるのがベストとされています。
施術の前に必ずチェックがありますので、お肌のためにもマッサージ、岩盤浴などは控えるようにしてください。

 

 

施術は受けられるけど施術箇所が制限される場合も!

施術日当日、施術自体は受けられるけど、施術箇所が制限される場合もあります。

 

シェービングの不備

サロンでの全身脱毛を受ける場合、多くは自分で自己処理をしてからサロンに行き、施術を受けます。
ラヴォーグでは、基本的には自分で全てシェービングしてから来店するのですが、手が届かないうなじから背中、お尻までの背面部分は施術の際にスタッフさんがシェービングをしてくれます。
しかし、それ以外の部位のシェービングに不備があった場合、1部位800円でスタッフさんがシェービングを受け付けてくれる場合も(契約内容によって異なります)。
ですが、顔のシェービングやデリケートなVIOのシェービングは受け付けていないので、脱毛部位によっては剃り残しがあった場合はその部位を避けて施術を受けることになります。

 

生理

全身脱毛を契約していた場合、施術日の朝に生理がきてしまったからと当日キャンセルする人が多いようですが、キャンセルするとVIOだけでなく、腕や脚など他部位もすべて1回分消化となってしまいます。
ラヴォーグでは、当日生理になってしまった場合、VIO部分の脱毛はできませんが、VIO以外は部位脱毛が可能。
生理が来たからと諦めずにサロンへ行くことをおすすめします。

 

 

遅刻ペナルティ|コース1回分消化されちゃうのは?

基本的にラヴォーグでは、施術日の遅刻はもちろん、日焼けや薬の服用といった一定の条件をクリアしていなければその日の施術は受けられず、全てコース1回分消化扱いになります。
キャンセル料が発生することもないですし、他の日に振替、という対応もありません。
遅刻はもちろん、当日キャンセル、キャンセル期限を過ぎてからのキャンセルもすべて1回分消化となります。
簡単にサイトから予約ができる分、急な予約キャンセルや必要以上の予約変更を防ぐために、遅刻やキャンセルにはしっかりとペナルティを与えているんですね。

 

 

電車遅延による遅刻でもペナルティはある?

遅刻理由も人によってさまざまかと思います。
寝坊はもちろん論外ですが、電車やバスなど公共交通機関の遅延による遅刻はどうなるのでしょうか?ラヴォーグでは、いかなる理由であれ、遅刻は遅刻、キャンセルはキャンセルという扱いになります。
ですので、公共交通機関の遅延により大幅に遅刻してしまった場合も、例外なく1回分消化の扱いになります。
遅延証明書を持っていっても対応は変わりません。
ちなみに、自身の病気、ケガ、親戚の突然の不幸での遅刻やキャンセルも全て1回分消化の扱いになりますので、注意してください。

 

 

 

遅刻しそう…当日の予約変更はできない?

施術日に遅刻しそうだと判断した場合、まずは店舗に連絡をするのが最優先。
当日の連絡でも、時間変更はできるのでしょうか?結論はNOです。
ラヴォーグでは、予約変更・キャンセルを行える期限がきちんと定められていますので、それ以降の予約時間変更やキャンセルについては、いかなる理由であれすべて1回消化ということになりますので要注意です。

 

 

 

急に行けなくなったら|キャンセル・予約変更は事前に

ラヴォーグでできる施術予約方法は、2パターンあります。
契約内容によって異なりますが、月額制で満足するまで通い放題のプランであれば、電話での予約が基本。
全身脱毛の回数パックプランの場合は、専用のサイトから簡単に予約ができます。
まずは月額制の電話予約の場合を見ていきましょう。
月額制の場合、予約の変更・キャンセルは「予約日の3日前の13時まで」に連絡をしなければなりません。
連絡の方法は電話のみ。
3日前の13時を過ぎて予約キャンセルの連絡をした場合、上記の通り1回分消化、という扱いになってしまいます。
もし3日前の13時までに電話をしたのに、スタッフが電話に出られなかった場合は、着信履歴を見て判断、となるようです。
対して、全身脱毛回数パックプランの場合ですが、こちらは専用サイトから予約の変更・キャンセルが可能。
予約前日の18時までにサイトから予約の変更やキャンセルを行えばOKという、かなり優しい内容になっています。
当日に遅刻が懸念される場合は、どのプランであれ、店舗に直接電話するしかありませんので、店舗の電話番号はプランにかかわらず控えておくのがいいでしょう。

 

 

ラヴォーグの初回カウンセリングに遅刻しそうな時はどうする?

ラヴォーグの初回カウンセリングは、予約したカウンセリング日の2日前にお店からスマートフォンにショートメールが届きます。
そこには「前日午後6時までにメールを返信しないと、キャンセル扱いになります」「当日遅刻をするとカウンセリングが受けられない場合があります」との文言が。
遅刻しそうな時は、まずは店舗に連絡してどのくらい遅れてしまうのかを伝えましょう。
スタッフの空き状況や店舗の混雑状況によっては、遅刻してもそのままカウンセリングを受けることができますよ。

 

 

 

ラヴォーグの遅刻体験談をまとめました

初回カウンセリング時の遅刻

初回カウンセリング時の遅刻は、それほどペナルティが課せられないようです。
道に迷って遅刻をしてしまった場合もペナルティなく、「お待ちしておりました」と笑顔で迎えてくれたよう。
このように、実際の施術時に道に迷って遅刻をしてしまっては大変ですから、ラヴォーグで全身脱毛を考えているなら、カウンセリング時に店舗の場所をしっかり確認しておくといいでしょう。

 

施術時の遅刻

電車が遅延して遅刻して10分ほど遅刻してしまっても、遅刻しそうと分かった段階でサロンに電話、謝罪をすると「お気を付けていらしてください」と優しく丁寧に対応してくれたよう。
その時はスタッフさんの手が空いていたのか、2人がかりで施術をしてくれ、全身しっかり脱毛ができたようです。
サロンによっては5分の遅刻でもキャンセル扱いになってしまうこともありますので、ラヴォーグは遅刻にはかなり寛容だと言えるでしょう。

 

 

 

ほかの脱毛サロンの遅刻・キャンセル事情

上記に述べたとおり、脱毛サロンによっては予約時間を5分遅刻した段階で当日キャンセル扱いになるところなど、厳しいペナルティが与えられる場合も多くあります。
ラヴォーグ以外の脱毛サロンはどのような遅刻・キャンセル対応を行っているのでしょうか。
下記にまとめます。

 

①キレイモ
月額定額プランの場合は、前日・当日ともにキャンセルは1回分消化となります。
回数パックプランであれば、前日までにキャンセルすればペナルティなし、当日に無断でキャンセルした場合は1回分消化。
連絡なしの遅刻は、15分で予約取り消し(当日無断キャンセル扱い)になります。

 

②シースリー
予約日時までにキャンセルの連絡をすれば、無料でキャンセルが可能。
遅刻と無断キャンセルは、回数パックプランであれば1回分消化、無制限コースであれば3,000円のキャンセル料を支払う必要があります。
遅刻時間は厳しく、1分でも予約時間を過ぎれば遅刻扱いになりキャンセル料の発生または1回分消化のペナルティが与えられます。

 

③脱毛ラボ
予約日の前々日(2日前)の21時30分までなら、無料でキャンセル可能です。
当日、前日のキャンセル連絡で1,000円の支払いが必要に。
回数パックプランの場合は当日の無断キャンセルは1回分消化扱いになります。
遅刻は遅刻時間に応じて施術時間が短縮され、施術範囲が少なくなる場合があります。
また、混雑時など状況によっては予約取り消しになります。

 

④ミュゼ
予約変更とキャンセルは予約日時の24時間前までに連絡が必要。
キャンセル料は無料ですが、ミュゼは予約が取りにくいと言われている分、1回予約をキャンセルしてしまうと次の予約を取るのに苦戦する場合が多いようです。
10分以上の遅刻で、キャンセル扱いになり、施術は受けれなくなります。

 

 

 

ラヴォーグは比較的融通が利くサロン!

遅刻・キャンセルに厳しいといわれている脱毛サロンは多くありますが、ラヴォーグは比較的に融通の利く脱毛サロンと言えるでしょう。
10分以内の遅刻は通常通り施術が行えますし、キャンセルもウェブサイト予約であれば前日の18時まで対応可能です。
また、急な生理でもVIO以外の部位の脱毛はしっかり行ってくれますので、生理による当日キャンセルをする心配もありません。
パフォーマンスと低価格を維持するためにも、10分以上の遅刻や期限以降の急なキャンセルは避けたいところですね。

 

 

 

ラヴォーグの全身脱毛料金を確認しておこう

全身脱毛が低価格でかなう!ととにかく脱毛の総額料金が安いと人気のラヴォーグ。
全身脱毛の料金を、ほかの脱毛サロンと比較してみましょう。
ラヴォーグには月額制と、回数パックプランの2つがあります。

 

どの回数パックで契約しても、ラヴォーグでは顔、VIOを含めた全55部位の脱毛が可能です。
1回で全身55部位すべて施術してくれますし、2週間に1回のペースで全身脱毛がまるっとできるのが魅力。
他社からの乗り換え割や、友達を紹介するとキャッシュバックされたりと、割引が豊富なのも魅力です。
では、ラヴォーグの回数パックプランの中でも10万円を切る低価格の6回パックプランついて、他社と料金を比較してみましょう。

 

・キレイモ…123,120円
・銀座カラー…136,188円
・脱毛ラボ…129,340円
・ミュゼ…136,080円
・シースリー…95,000円

 

シースリーではラヴォーグよりも低価格で全身脱毛6回コースができるようです。
ですが、全身脱毛6回コースの場合脱毛できる箇所は46箇所。
顔とI、Oラインを含まないのがデメリットですね。
こうして見てみると、料金、脱毛箇所、脱毛完了までの期間どれをとってもラヴォーグが秀でていることが分かりますね。
ラヴォーグでは支払い方法もゲストの要望に合わせてさまざまなパターンを用意しています。
現金一括払いから、クレジットカード払い、まとまったお金が用意できない場合は銀行口座からの分割ローンを組んで引き落としもできますので、支払い方法に不安があるという人はカウンセリング時に相談してみることをおすすめします。
ちなみに、ラヴォーグでは各脱毛プランの解約はコールセンターで電話でのみ受け付けています。
月額制か回数パックか、契約のタイプによっては返金がない場合もありますが、途中解約による解約手数料や違約金はかかりません。
例えば18回の回数パックプランで契約していたけど、12回目で満足した、そんな時にも電話と書類提出で解約することができますよ。
返金には手数料がかかりますが、残った回数分の差額を受け取ることができます。

 

 

 

美容室は遅刻に厳しい?

ちなみに、同じく女性のキレイのために欠かせない美容室の遅刻についても簡単にご紹介。
美容室も脱毛サロンと同様、1人のゲストにスタッフが付き、カットなどを行いますよね。
ですので、予約がいっぱいの日は、1人が10分遅刻しただけでそれ以降のゲストの施術時間が減り、お店にだけではなくほかのゲストにも迷惑がかかってしまうのです。
大半の美容室では、5分や10分の遅刻であればきちんと施術をしてくれますが、15分以上の遅刻であれば無断キャンセル扱いにもなります。
お店によって対応は違いますので、常に予約でいっぱいの人気サロンであれば5分の遅刻でキャンセル扱いになるところだってあります。
脱毛サロンと同様、遅刻しそうなことが判明した段階で、サロンに必ず連絡を入れるようにしましょう。