ミュゼの同意書について~自分で書いた場合どうなる?~

ミュゼプラチナムで脱毛施術が受けられるのは何歳から?年齢制限の規定はある?

エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける人が増えるにつれて、脱毛を希望する年齢の低年齢化が進んでいます。
最近では、まだ高校生のような未成年の方でも、エステサロンで脱毛したいと考える人もいるのです。
ところで未成年でもミュゼプラチナムなどのエステサロンで脱毛を受けることはできるのでしょうか?年齢制限は存在しないのでしょうか?実はミュゼプラチナムでは、脱毛施術を受けるために年齢制限は存在していません。
このため基本的には年齢には関係なく、施術を受けることが可能です。
ただし、ミュゼプラチナムでは、施術を受ける条件として、生理を迎えており、毎月定期的に生理があることが必要となります。
これはまだ生理が不安定な時期では、ホルモンバランスが不安定で体も成長途上であるため、せっかく光脱毛の施術をしても、新たに毛細胞が作られて、ふたたびムダ毛が生えてきてしまうためです。
また成長期はお肌も敏感肌になりやすく、光脱毛の照射によってお肌に赤みがでるなどのトラブルが発生するリスクがあります。
このような背景から生理が安定してくるようになるまでは、ミュゼプラチナムでは施術が受けることが出来ません。

 

 

16歳未満の方は、ミュゼの美容脱毛完了コースの施術は1年に6回まで

ミュゼでは、気になる部位を期間や回数無制限で満足できるまで、何度でも脱毛施術が受けられる美容脱毛完了コースや、気になる部位と施術回数を選んで自分にぴったりの施術プランを作れるフリーセレクト美容脱毛コース、複数の部位をセットすることでお得に施術が受けられるセットコースなど、評判のプランが豊富に用意されています。
特に美容脱毛完了コースは、回数無制限で何度でも施術が受けられるため、高い人気があります。
しかし、16歳未満の方は、まだお肌が成長期であるため、短期間に集中して施術を行っても期待したような効果は得られません。
またお肌に余計な負担がかかることで、肌トラブルのリスクも心配です。
こうした背景から、16歳未満の方の場合、1年間に受けられる施術回数は6回までという制約条件が設けられているのです。
このためミュゼでは16歳未満の方に限り、美容脱毛完了コースではなく、美容脱毛6回コースの契約となります。
16歳未満の方は、1回施術したら2カ月以上の間隔をあけてから、次の施術を行うためです。
一方、16歳以上の方であれば、このような施術回数制限は存在しません。

 

 

 

未成年が無料カウンセリング時に契約するには保護者が同伴しなければいけないの?

ミュゼプラチナムでは、脱毛プランを契約する前に無料カウンセリングが実施されています。
このカウンセリングではミュゼで行われている光脱毛の仕組みや、プラン内容、支払い方法、脱毛に関する注意点など詳しく説明を受けることができます。
ミュゼでは無理な勧誘をしないということを、公式ホームページのお客様への8つの約束で公言しています。
このためムダ毛に関する悩みがある方や、脱毛に興味がある方は、気楽にカウンセリングに足を運んでみると良いでしょう。
このカウンセリングは未成年の方でも受けることができます。
カウンセリングのみを希望する場合であれば、未成年のみの参加でも問題ないでしょう。
しかしカウンセリング後にミュゼとの契約を考えているなら、保護者の同伴がおすすめ。
これは未成年の方が契約を結ぶには、法律上親権者の同意が必要と定められているためです。
保護者がカウンセリングに同伴していれば、一緒にミュゼの契約についての説明を受けることができますし、実際に契約手続きに進んだときに、スムーズに手続きを進めることができます。
ただしミュゼは女性専用サロンであるため、父親など男性の入店や同席はできないことに注意が必要です。
またミュゼでカウンセリングのみを受ける場合、特に持ち物は必要ありませんが、カウンセリング当日に契約を希望する場合には、契約手続きに必要となる身分証明書や印鑑、親権者同意書などの持ち物が別途必要となります。

 

 

保護者の同伴無しで未成年者がカウンセリング当日に契約するには、親権者同意書が必要

カウンセリングのみ希望する場合には、未成年のみの参加で問題ありませんが、カウンセリング当日に契約することを考えている場合、保護者の同伴がなければ契約ができません。
この場合には、無料カウンセリングまでに、親権者の方に親権者同意書に記入をしてもらい、無料カウンセリングに持参する必要があります。
これは、未成年者はまだ社会的な経験が浅く、勧誘などを受けて不必要に買い物をしすぎてしまうなど、契約の場面で適切な判断ができないとして、法律上未成年者が保護されているためです。
このため、未成年者が親権者など法定代理人の同意なく結んだ契約は、取り消すことができるとされています。
親権者同意書とは、親権者がその契約に対して同意したことを証明する書類です。
このため、ミュゼと未成年者が契約するには、親権者同意書を持参すれば、無料カウンセリング時に保護者が同伴していなくても、ミュゼプラチナムとの契約が可能になるのです。

 

 

 

 

未成年者がミュゼプラチナムと契約する際に必要となる同意書とは

同意書の提出が必要になるタイミングはいつなの?

親権者同意書は、未成年者の方が契約する段階で必要となる書類です。
未成年の場合、親権者同意書によって親権者が同意したことが証明されて、初めて契約手続きに入ることができるのです。
このため、未成年の方で、無料カウンセリングのみ受けることを希望している方や、まだ契約するかどうか迷っている方の場合、親権者同意書を持参する必要はありません。
親権者同意書はミュゼプラチナムで契約する意思を固めた時に、持参すれば大丈夫です。
一方無料カウンセリングに親権者が同席できない場合で、かつカウンセリング当日に未成年の方が契約を希望する場合、契約を成立させるためには、親権者同意書が必要となります。
親権者同意書は、ミュゼプラチナムの公式ホームページの、親権者同意書についてというページからダウンロードすることができます。
家にあるパソコンや通信環境などの影響で親権者同意書のダウンロードや印刷が難しい場合には、同じような内容を記載した書面を用意すれば、親権者同意書の代わりになります。
無料カウンセリング時に親権者同意書の準備が難しい場合には、来店時に親権者同意書をもらうこともできます。

 

 

親権者同意書で記載しなければならない内容とは

親権者同意書とは、親権者が対象の契約内容に同意したことを表す書類です。
このため親権者同意書には、親権者がミュゼプラチナムと未成年である契約者が契約することを同意したという内容が、記載されている必要があります。
基本的に必要となる項目は以下の内容です。

 

・同意書を記入した日付
・私は、下記契約者(未成年者)が貴社とのエステティックサービス契約およびこれに付随するサービスに関する契約を締結するにあたり、民放第5条1項により、法定代理人親権者として同意いたします。

 

・親権者(法定代理人)の未成年者との続柄
・親権者の住所
・親権者の氏名
・署名押印
・親権者の生年月日
・親権者の電話番号
・未成年である契約者の氏名
・未成年者の住所
・未成年者の生年月日
以上の内容は、すべてミュゼプラチナムの公式ホームページでダウンロードできる親権者同意書のテンプレートにも含まれています。
このためダウンロードできる方は、テンプレートの記入欄に従って記入すれば大丈夫です。

 

 

ミュゼでは親権者同意書提出後、親権者への電話確認あり

ミュゼでは未成年者の方が契約を結ぶ場合、保護者の同伴が無ければ、保護者が契約に同意していることを表す親権者同意書の持参が必要です。
しかし実はそれだけでは、ミュゼと未成年者の方との契約は成立しません。
ミュゼでは親権者同意書提出後、店舗から親権者の方へ電話確認が行われます。
店舗のスタッフから親権者の方へ確認する内容は、親権者の生年月日や電話番号、住所など親権者かどうかの確認後、コースと金額など簡単な確認が行われます。
この電話の確認に親権者の方が出ない場合や、内容に同意しない場合には、契約が成立しないことに注意が必要です。

 

 

 

未成年がエステサロンで脱毛することにリスクは無いの?

エステサロンでの光脱毛では、光を照射することでムダ毛の成長にかかわっている毛根にダメージを与え、少しずつ脱毛を促していきます。
まだ体が成長途上の未成年がエステサロンで脱毛施術を受けることに、リスクは何のでしょうか?未成年がエステサロンで脱毛することによるリスクの一つ目は、せっかく施術してもあとからムダ毛が生えてくる可能性があることです。
未成年はまだ体が成長期ですから、ホルモンのバランスが安定していない人もいます。
このためせっかく光を照射して毛根にダメージを与えても、新たに毛細胞が作られると、再びムダ毛が生えてきてしまうことになるのです。
未成年で脱毛するリスクの二つ目は、経済力です。
社会人として働いている大人と異なり、未成年は学業が本業という方が多いでしょう。
このため収入はアルバイトやおこずかいのみといった方がほとんどです。
このため高額になりがちなエステサロンの脱毛は、親権者に支払ってもらう人が多くなるのです。
未成年でサロンで脱毛するリスクの3つ目は、成長期の敏感肌は肌トラブルが起こりやすいこと。
このため人によっては光照射の後に、お肌に赤みが出るなど肌トラブルが現れる可能性があります。
未成年者で脱毛するリスクの4つ目は、部活動などによって日焼けをしやすいこと。
特に運動系の部活動をしている未成年の方は、たとえエステサロンに通っていても部活動を休むわけにはいきません。
エステサロンで行われる光照射は、ムダ毛のメラニン色素に反応してダメージを与える仕組みのため、日焼けをしているとお肌にも光が当たりやすくなってしまいます。
このためお肌が日焼けをしていると、施術を断られる場合もあるのです。
以上のようなリスクを十分に理解した上で、未成年のうちにミュゼで脱毛をするかどうか、考えてみるのがおすすめです。

 

 

 

ミュゼプラチナムと契約する前に知っておくべき親権者同意書のポイントとは

・ミュゼプラチナムでは年齢制限は無いが、未成年の場合生理を迎えており、かつ生理周期が安定していることが必要
・ミュゼプラチナムでは、成長期のお肌への影響に配慮して16歳未満が1年に受けられる施術回数は6回まで
・ミュゼプラチナムでは未成年者の無料カウンセリングでは保護者同伴を推奨
・ミュゼプラチナムでは、未成年者の無料カウンセリングに親権者が同伴できない場合、契約には親権者同意書が必要
・ミュゼプラチナムでは、親権者同意書提出後に、親権者への電話確認がある
・親権者同意書はミュゼプラチナムの公式ホームページからダウンロードできる
・未成年がミュゼで脱毛すると、施術後ムダ毛が生えてくるなど、一定のリスクの可能性がある
いかがでしたか?今回は未成年の方が単独でミュゼプラチナムと契約を結ぶ際に必要となる親権者同意書についてご紹介しました。
最近はエステサロンで脱毛する方が増え、未成年の方がエステサロンに通うことも珍しくなくなっています。
さらにサロンの技術も向上し、より安全に脱毛施術が行えるようになっています。
一方未成年の方が脱毛する場合、一定のリスクも存在しています。
このようなリスクも考慮した上で、未成年のうちに脱毛をするかどうか決めるようにしましょう。

ミュゼプラチナム公式ページへ
>>ミュゼプラチナムの最新キャンペーンを見てみる!

ミュゼプラチナムは年齢制限あり?同意書から保護者同伴まで解説関連ページ

ミュゼプラチナムでは店舗変更OK?各店舗の営業時間は?
ミュゼ,ミュゼプラチナム,店舗一覧,営業時間,定休日,年末年始,受付時間,店舗変更,店舗移動
※ミュゼは痛いって本当?口コミ調査!
※ミュゼは痛いって本当?口コミ調査!
ミュゼのシェービングサービスについて【有料?無料?】
ミュゼのシェービングサービスについて【有料?無料?】
ミュゼ・プラチナムの効果って?何回通えばOK?
ミュゼ・プラチナム,効果,脱毛機,脱毛方法
ミュゼのワキ脱毛について【実際の効果は?】
ミュゼのワキ脱毛について【実際の効果は?】
ミュゼの口コミ体験談※実際に通ってみた!
ミュゼの口コミ体験談※実際に通ってみた!
ミュゼの脱毛部位・箇所について【得?損?】
ミュゼの脱毛部位・箇所について【得?損?】
ミュゼの予約・変更方法【ネット・電話】
ミュゼの予約・変更方法【ネット・電話】
ミュゼのキャンセル料はいくら?キャンセル方法は?
ミュゼのキャンセル料はいくら?キャンセル方法は?
ミュゼはしつこい勧誘ある?※カウンセリングのスタッフ対応
ミュゼはしつこい勧誘ある?※カウンセリングのスタッフ対応
ミュゼ・プラチナムのハイジニーナ(VIO脱毛)の特徴
ミュゼプラチナム,vio,v,ハイジニーナ,アンダーヘア,デリケートゾーン
ミュゼのフリーセレクト脱毛プラン
ミュゼのフリーセレクト脱毛プラン
ミュゼプラチナムは年齢制限あり?同意書から保護者同伴まで解説
ミュゼ,同意書,年齢制限,中学生,未成年,小学生,何歳から
ミュゼプラチナム全身脱毛まとめ!効果が出る回数から料金・評判まで徹底解説
ミュゼ,ミュゼプラチナム,全身脱毛
ミュゼの両脇+Vライン脱毛完了コース
ミュゼの両脇+Vライン脱毛完了コース