ラックス脱毛は痛いのか、口コミを調査

ラックスのハイブリット脱毛の痛みは強いのか

ラックスの痛みが他のエステサロンと比べて特別痛いということはありませんし、逆に特別痛くないということもありません。
エステサロンはそれぞれ脱毛機のアピールを行っていますが、実際それほど機能に差があるわけではありません。
単純に機械開発技術の限界があるので、高いお金を出せば他よりスペックの高い機器が入手できるわけでもありません。
また、業務で使う大切な製品をケチるエステサロンもそうそうありません。
そうなると、結果的にどのエステサロンも現状の技術で可能な限りスペックの高い機器を使用します。
脱毛器自体の差はそれほどないということですね。

 

 

痛みは毎回ある?徐々に痛みが軽減される?

痛みに慣れると痛みが軽減されていくことはありますし、また毛が薄くなると照射に反応する皮膚の部位が減っていくので痛みが軽減していきます。
極端に言えば、毛がない部位に照射しても痛みはありません。
黒い部分に反応するので、毛がなければ痛みはありません。
ちなみに、色黒の人は照射が反応してしまうので痛みが強くなります。
最悪の場合はそもそも施術を断られるでしょう。
普通に施術を受け続けていれば、気持ちにも余裕ができるので、それが痛みの軽減に結びつくことは考えられます。
緊張などがあると余計に痛く感じることもあるでしょう。
痛すぎるときは無理せずにスタッフに相談すると、照射を弱めてもらうことも可能です。
最近はハイジニーナを目指す人が多いですが、ある程度の痛みを乗り越えています。

 

 

一番痛みが強いのはどこなのか

口コミではい一番痛みが強いのは、男性のヒゲ脱毛です。
毛が濃くて太いですし、顔の皮膚は敏感なので痛みは強くなります。
とにかく髭が濃い人は全身のどの部位よりも太くて硬い毛が生えます。
そうなると当然脱毛の際の痛みは強くなるのです。
男女共通で一番痛い脱毛部位と言えば、vioでしょう。
トップクラスの痛みになります。
とちらかというと女性の方がvioの皮膚が敏感なので、女性の方が痛みは強いです。
アンダーヘアの濃さは男性の方が濃いのですが、皮膚の敏感さが異なります。
全身脱毛した人が痛かった部位としてvioを挙げる人が多いです。
他には、腋毛が濃い人はワキ脱毛もそこそこ痛いと言います。
ワキも毛が濃く皮膚が敏感な箇所なので、そこそこの痛みです。
毛質や肌質によって個人差が多いので一概には言えませんが、多少の痛みは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

エステとクリニックのレーザー脱毛どっちが痛い

基本的にエステでの脱毛よりも医療脱毛のレーザー脱毛の方が痛みは強いです。
単純に医療用のレーザー照射は威力が強いので、痛みが強くなります。
その分医療用脱毛の方が脱毛効果が高く、いわゆる永久脱毛になります。
エステサロンでの脱毛はどうしても一時的なものになり、しばらくするとまた毛が生えてくるケースも多いです。
全体的に薄くはなりますが、どのくらいの期間が経てば戻るかは個人差があります。
ムダ毛を徹底的になくしたいのであれば、クリニックの方が良いでしょう。
とりあえず一時的に処理されれば良いのなら、エステでも問題ありません。
エステの方がリーズナブルなので、その点でもメリットがあります。
システム自体は同じような感じなので、エステで脱毛を試して、気に入ったら後からクリニックでも施術を受ける人もいます。

 

 

 

ラックスの脱毛で痛み軽減する方法

照射は黒い部分に反応するので、日焼けは絶対に避けた方が良いです。
肌が黒ければ黒いほど痛みは増しますし、ひどい場合は施術を断られます。
また、特にvio脱毛は生理前後の施術を避けた方が良いです。
生理前後は皮膚が敏感になるので、痛みが増します。
他には、保湿を心掛けることも重要になります。
乾燥すると脱毛施術は痛みを増すので、日ごろ保湿することで痛みが軽減されます。
脱毛箇所にもよりますが、顔や陰部の脱毛は特に保湿が重要です。
普段あまり乾燥しない肌質の人であっても、絶対脱毛時には保湿した方が良いです。
こういった地味な用意をしっかりと行うことで差が付きます。
あとは気の持ちようが重要です。
契約の際に痛みのことなどをよく聞いていおいて、痛みの程度を知っていれば、知らないよりは痛みを感じにくいでしょう。
知らない痛みに対しては恐怖心も発生するので、痛みが強くなります。

 

 

 

ラックスの痛みや効果はどんな感じ

わき脱毛の痛みや施術回数、そして効果

ワキの脱毛は比較的うまくいく人が多いです。
vioと比べると毛が薄いですし、また肌トラブルも起こりにくいからです。
満足度の高い部位と言えます。
また、部位的に脱毛する人がもっとも多い部位なので、スタッフが対応に慣れているという理由もあります。
どのクリニックでもワキは脱毛に慣れているので、必然的に丁寧かつ早く施術できるようになっています。
ワキは比較的脱毛がスムーズに進みますが、それでもクリームなどでスキンケアを行うことは必要です。
詳細はカウンセリングの際に説明があるので、肌の状態を確認しつつケアしていくことになります。
美肌効果を謳っている脱毛機器もありますが、美肌効果があるから何もしなくても大丈夫というわけではありません。
結局のところ機器の詳細機能はよくわからないので、安全に使用するためには肌ケアが必須になります。

 

 

VIOの痛みや回数や効果

VIOはそれなりに痛みの強い部位です。
毛が濃いですし、皮膚も敏感だからです。
ワキの脱毛をした人に対してVIO脱毛の勧誘が行われることも多いですが、ワキよりも痛いことが多いのでその点は覚悟が必要です。
痛いと評判の部位で、途中で来店を辞めてしまう人もいるくらいです。
不安な方は体験談の口コミなどを確認すると良いでしょう。
日本ではアンダーヘアを何もしない人も多いですが、処理したいならやはり脱毛の方が良いでしょう。
自己処理の人もいますが、ちくちくしたり、変な処理の仕方になる可能性が高いです。
除毛クリームなどは陰毛には濃すぎて効かないことも多く、手間が掛かります。
伸び放題の状態の陰毛でも問題ありませんが、VIO脱毛という選択もありでしょう。
男性でも女性の毛がない方が良いという意見があり、また女性同士でも毛がない方が良いと考える人も増えています。
そして、特に夏場や生理の際は本人も毛があることで不快感を感じるので、そういった悩みが解消されます。
やっぱり毛がない方がいろいろと快適でしょう。

 

 

脱毛のお試しは可能なのか

ラックスは50円で両脇の脱毛を試せるキャンペーンなどを行っています。
ラックスは他のエステサロンに比べると、多少料金を濁したりわかりにくくする部分があるので、表面上安いキャンペーンに見えても、実際は違った、といったことになる可能性があります。
友達の紹介を受けている人などは安心ですが、そうでない人はよく脱毛体験談や口コミを見てから判断した方が良いです。
ラックスは脱毛プランなどのこともありますが、スタッフの対応がフレンドリーなので、それに対して好評な口コミもあれば、逆に悪評もあります。
事前にそういった情報を取り入れて、自分に合うかどうか確認すると良いです。
接客の雰囲気もわかり、サービスを評価することができます。
実際にコースに進むかどうか判断できるので、一端お試しでチェックすると良いです。
もちろんお試しだけで施術が終了するわけではなくて、あくまでも判断出来るだけです。
店内の印象や技術力を自分なりに判断することで、投稿されている口コミとはまた違った印象になる可能性もあります。
1回目の施術を予約する前に店舗に実際に行ってみるきっかけになります。
ポイントとしては、やはりスタッフとカウンセリングしてみて、具体的な話を聞くことです。
綺麗に脱毛できるまでの回数や手入れの仕方、毛周期の考え方などはあらかじめ聞いておいた方が良いです。

 

 

ラックスの痛みの概略

・ラックスの痛みは人によって異なる
・VIOラインは痛みが強め
・痛いから途中で辞めても返金はすべて受けられるわけではない
といった口コミがありました。
また脱毛時の痛みを軽減するためにはいくつかの注意点があります。
乾燥を避ける、日焼けを避ける、といったことが重要なので、美肌のためのケアのように、保湿を日ごろ行うことが重要です。